2010年10月13日

スーク&パネンカのベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ベートーヴェンの10曲あるヴァイオリン・ソナタは、ボン時代の1797年から1810年までの間に書かれ、《春》や《クロイツェル》などの良く知られた名曲を含んでいる。

スークとパネンカの名コンビによるこの演奏は、すばらしいアンサンブルを聴かせる。

このスークとパネンカが録音した全集には、クレーメルやシェリングなどが、個性的で大胆な全集を完成させたのとは対照的に、極力個性を排除し、室内楽的で静謐な抒情を表出することを目的とした、いわば物静かな感動が全面を覆っている。

実直な室内楽型ではあるが、派手さのない端正な表現の中に、独特の抒情味を宿していて楽しめる。

スークのヴァイオリンは、すこぶる繊細で、甘美で魅力的な音色をもっており、パネンカのピアノも実に安定していて品位が高い。

スークもパネンカも、いわゆる巨匠型の演奏家ではないが、力量と総合力の高さを持っている。

ただこのコンビはたくましさや情熱よりも、端正な演奏が身上で、このコンビに適しているのは《クロイツェル》よりも《春》ということになる。

《春》は、まさにぴったりの雰囲気をもったスークの目指す理想的な名演となっているが、《クロイツェル》のようなドラマティックな作品でも、2人の緻密な合奏から生まれる迫力ある妙味が、心地よい緊張感を生んでいる。

ベートーヴェンの抒情を歌い上げて、端正・清楚な点ではトップ・クラスの演奏だし、ひと味違ったベートーヴェンに接することができる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:19コメント(2)ベートーヴェン | スーク 

コメント一覧

1. Posted by 小島晶二   2020年06月11日 09:50
4 恐縮ですが, 昨日の続きから。今年はベートーヴェン生誕250年, そして運命はウィーンで初演された名曲。流石, その辺を熟知して選曲したバレンボイムのセンスの良さに感服しました。
ヤン パネンカ。私の大好きなピアニストで, 彼ほど誠実で清新な音色を醸し出すピアニストはいないでしょう。スークとのコンビのベートーヴェンのソナタは残念ながら耳にしていませんが, 彼の皇帝は素晴らしかったと記憶しています。でも彼の良さが最高に感じられるのはシューベルト。ピアノ3重奏曲や5重奏曲<鱒>のピアノパートは今もって彼が最高です。
2. Posted by 和田   2020年06月11日 11:33
パネンカはプラハに生まれたピアニストですが、日本では、ソリストとしてよりも、ヴァイオリンのスーク、チェロのフッフロとともにスーク・トリオを結成したり、スークと組んだデュオなど、室内楽の分野での活躍でその名を知られていますね。たびたび来日しており、また、彼自身も親日家として有名です。
ところで、そのパネンカは、1975年ごろから指の故障を起こし、一時は再起不能を伝えられていました。その彼が、それを克服できたのは、スメタナSQのメンバーの励ましによるものだそうです。
私のパネンカの一押しは、パネンカが奇跡的に立ち直った直後のスメタナSQとのドヴォルザークのピアノ五重奏曲で、音楽する喜びのあふれた、感動的な演奏となっています。パネンカのピアノと弦の4人とのアンサンブルはまとまりもよく、切れ味もよいです。なかでも、第1楽章の2つの主題の歌わせ方は、いかにもボヘミアを思わせ、第2,3楽章のリズム処理も絶妙です。カップリングされているシューマンの作品でも、パネンカのすばらしいピアノが堪能できる名演となっていて、これは室内楽の極意を伝える名盤です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ