2010年10月11日

コンヴィチュニー&ゲヴァントハウスのベートーヴェン:交響曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



この演奏はLPの時にも聴いた記憶があるのだが、印象は極めて希薄だった。

ほこりをかぶっていてシミだらけ、おまけにカビ臭い。こんな風にコンヴィチュニーのベートーヴェンを思っていた人は多いに違いない。

自分もその口であったが、今回あらためてCDになったものを聴いて仰天した。

廉価盤LPの音が悪かったのか、あるいは自分がぼんやり聴いていたのかは不明だが、CDになってあらためて接したら、そのあまりの瑞々しさに驚いてしまった。

こんなに新鮮で生き生きとした演奏だったとは。

もちろん、基本的にはオーソドックスなのだが、単に伝統的なものの上にあぐらをかいたものではなく、確信に満ちた表情や揺るぎのない安定感に支えられ、オーケストラの響きはほれぼれするほど美しい。

表現はいたってオーソドックスなのだが、出てくる響きの何と豊かなことだろう。

渋くはあるけれど暖かくしっとりとした弦楽器、柔らかな音色の管楽器など、これほどのきれいな音はもはや今日のライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団からは聴くことは不可能である。

どの曲を採っても、まったく格調正しい表現である。

しかも旋律はのびやかに歌い、アンサンブルはすみずみまで克明・明確である。

テンポも妥当だが、それがいかなる部分でも変動せず、そこに音楽的な頑強さが示されているのが大きな特色である。

しかも間(ま)が充分に取られ、ゆとりのある呼吸が乱れることがない。

アーティキュレーションが楷書風で、内声部のリズム処理も堅固そのものである。

「第9」の声楽部も着実無比といえる。

全9曲の出来ばえにムラがないのもこの全集の特色で、序曲も立派。

録音も約50年近くも前のものなのに、どんな最新録音よりも瑞々しく聴こえるのは全く不思議だ。

奇数番号、偶数番号ともに出来ばえに凹凸がなく、強力にお勧めしたい。

同一オーケストラの第6番《田園》のコロムビア盤(COCO75405)は本全集とは別録音である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 14:36コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | コンヴィチュニー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ