2010年10月14日

イタリアSQのシューベルト:弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」&第13番「ロザムンデ」ほか


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



イタリアSQの新盤は、近ごろさほど話題にならないが、もっと高く表現される必要のある名演であろう。

「死と乙女」は1979年に再録音されたもので、ヴィオラがディーノ・アッショーラに代わっている。

そのせいかアンサンブルもいっそう充実していて、音色もさわやかだ。

作品の悲劇的なドラマやロマンを鮮烈に描き出した彼らの表現は、見事な造型感覚もがすばらしく、抜群のアピールが聴き手を圧倒する。

これは清新な情感を湛えた彫りの深い表現である。

1965年録音の旧盤の方が開放的なカンタービレが輝かしいが、この新盤にはただならぬ雰囲気が漂っている。

引きしまった出来ばえで、音色は明るいが、強い表現意志のみなぎった重量感にとんだ演奏を聴いていると、運命の重圧にあえぐ巨人の熱い吐息を浴びるような思いがする。

第1楽章第2主題冒頭の動機や、第2楽章のコーダにみられる、あこがれとのムードの対比のさせ方も、まさにベテランの芸だ。

「ロザムンデ」では、シューベルトの抒情にみちた旋律を柔らかい抑揚をもって歌わせた流麗典雅な演奏だ。

「ロザムンデ」は全部で4回録音されたこの曲の最後の1976年録音で、旧メンバー最後の力作でもある。

この四重奏団のもつ多面的なカンタービレは、この曲で最も多彩な効果を発揮している。

第12番「四重奏断章」と第15番も秀演で、第2ヴァイオリンとヴィオラが奏でる豊かな肉声と、その内声が見せた鮮やかな音色の変化が記憶に刻み込まれる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:31コメント(0)トラックバック(0)シューベルト | イタリアSQ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ