2010年10月18日

カラヤン&ベルリン・フィルのシューベルト:交響曲第8番「未完成」&第9番「ザ・グレイト」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「未完成」「ザ・グレイト」共にカラヤンの全3回中2回目の録音である。

いずれもカラヤンらしく美しく仕上がった演奏だ。

「未完成」は後年の録音よりも、カラヤンの自己主張が強いが、作品を歪曲するものではなく、なめらかな旋律線に独自の感覚美を与えながら、全体を感興豊かに表出している。

荘重ななかにも旋律を抒情的に、息長く歌わせており、感覚的にも洗練された演奏である。

第1楽章の主題の再現や、第2楽章の主題提示などで豊かな感興を表しているのも、カラヤンがシューベルトに並々ならぬ共感を抱いていることを伝えている。

「ザ・グレイト」は、カラヤンのシューベルトの中でも1,2を争う出来映えだ。

「未完成」より明るい音質で、演奏は全体に速めのテンポをとり、強い推進力をもってシューベルトのスコアから劇性と交響性を引き出している。

カラヤンとしては率直な解釈で、無用な自己主張のないのも好ましい。

どちらかというとリズムより歌に傾斜しているがスケールは大きく、長大な曲を雄渾に表現して最後まで緊張を持続させているのはさすが。

カラヤンらしい濃密な表現で、濃厚な味付けを行っており、隅々までよく磨かれ彫琢されている。

とにかく圧倒的に堂々とした巨匠風の演奏で、艶やかに磨かれた名工の作を見るような印象も受ける。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:30コメント(0)トラックバック(1)シューベルト | カラヤン 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. コメコメ@シロートおのまの粗暴な疑問  [ 木霊の宿る町 ]   2010年10月19日 11:35
●本日はきのうのブログにいただいたコメントへのコメントです:モーツアルトの曲は頭に働きかけるっていいますよね。賢くなるとか。ウチのお絵描き教室のバックでかけてます。おのまさんが好きなCD買いたいなぁ。今、金欠です(/_<) ナケルネェ | ちぎ | 2010/10/19 2:2...

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ