2010年11月02日

ワルターのモーツァルト:交響曲第25番、第28番、第29番、第35番「ハフナー」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



第25番と第28番と第29番はコロンビアso.(後年の西海岸のそれではなく、ニューヨーク・フィルなどを主体とした団体)、第35番が正規のニューヨーク・フィルによる演奏。

ワルター最盛期の録音なので、演奏はいずれも充実している。

第25番は凄絶と形容したいほどの劇的な熱演で、男性的かつ非常に厳しく、ワルターのロマン主義的な本質を端的に表明している。

両端楽章の迫力はワルター以外例がなく、この曲の疾風怒涛を赤裸々に表出したものといえよう。

第2楽章の歌との対照も見事である。

また、こうした暗い作品を指揮しても、ワルターの場合は、いつも人間的なやさしさがあらわれている。

この曲におけるやさしさも絶品で、ことに第2楽章の演奏など、このオーケストラをあたたかく包みこむようなワルターの呼吸が、楽員ひとりひとりの呼吸とぴったりと合って、あたたかな音楽を生み出している。

ワルターと楽員の心と心がしっかりと結びあった、理想的な名演だ。

第28番も名演で、これだけふくよかに歌うモーツァルトも珍しい。

第29番もはつらつとした表現で、モーツァルトのひとつの理想像を実現している。

「ハフナー」もまた凄まじく、力と輝きにあふれた表現で、全曲が歌と音楽に満ちあふれた輝かしい名演である。

テンポの変動のさせ方や、ベートーヴェンのような楽器の響かせ方など、これこそアンチ・ロココである。

しかも第2楽章では、実にヒューマンなあたたかさを伝えてくれる。

モーツァルトの音楽にひそむ雄弁なドラマに着目した、いかにもワルターらしい演奏だ。

モノーラル録音なので、音の状態はよくないが、精神的な深さに惹かれるディスクである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:37コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト | ワルター 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ