2013年07月22日

カラヤン&ベルリン・フィルのグリーグ:ペール・ギュント/シベリウス:管弦楽曲集(旧盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カラヤンはベルリン・フィルとたびたびグリーグやシベリウスの管弦楽曲を録音したが、当盤はその最初のもの。

カラヤンは、グリーグやシベリウスといった北欧の音楽にも強い関心をもち、得意としていた。

《ペール・ギュント》は、細部まで精緻に磨き抜かれた美しい演奏で、北欧的な詩情や抒情性を丁寧に、しかし、あくまでしなやかに掬いとった巧みな語り口と劇的な表現の対比のうまさも、カラヤンならではのものである。

中でも〈オーゼの死〉や〈ソルヴェイグの歌〉〈イングリッドの嘆き〉などのしっとりと深い情感をたたえた表現は絶品である。

ベルリン・フィルもそうしたカラヤンの指揮に、しなやかな自発性にとんだ演奏で応えており、豊麗であるとともに、あくまで透明な弦の響きと管の名手たちのソロが織りなす色彩がなんとも美しい。

ドイツ語圏の指揮者には珍しく、1950年代からシベリウスの作品を録音していたカラヤンであるが、60年代半ばに録音された管弦楽曲の大半は、当初、交響曲や協奏曲のカップリング曲としてリリースされたものである。

そこでは、静謐な楽想をきめ細かく処理していく一方で、大音量で盛り上がっていく場面でもスマートなスタイルが保たれており、カラヤンの美学とシベリウスの書法が、絶妙な均衡を保ちながら、魅力的な世界を形づくっている。

深々とした響きが印象的な《フィンランディア》をはじめ、弦楽器の雄弁さが光る《悲しきワルツ》や、ゲルハルト・シュテンプニクが絶妙なソロを披露する《トゥオネラの白鳥》など、いずれも名演揃いである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:29コメント(0)トラックバック(0)グリーグ | シベリウス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ