2011年02月15日

ピリスのシューベルト:即興曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



《旅人》なんていうタイトルが付けられていて、詩などが添えられているのを別にすれば、実に見事に整った即興曲集だ。

音楽が厳しい美しさに貫かれ、演奏がそれを十全に出しているのだから、それ以上の衣裳は邪魔というもの。

しかし、ピアニスト自身がそうしたくなるほど、これらの曲には深い憂愁がたたえられている。

シューベルトは30代で死んでいるのに、どうしてこんな絶望にとらえられてしまったのだろう?

もっとも、ピリスの演奏の良さは、その絶望感や悲しさを、深く追い求めようとしないところにある。

なるほど詩を書けばこういう効用があるのか。

ぎりぎりのところで軽やかな足どりが維持され、深淵のこちら側に美がとどまる。

シューベルトのピアノ曲は、性格的小品はもとよりソナタでさえ、抒情に流されるのが世の常で、いわゆるロマンティックな演奏に傾きやすい。

女流ピアニストだけでなく、男性ピアニストもそうである。

そうした風潮のなかでピリスは、シューベルトの音楽世界を感覚的に捉えてよしとするのではなく、それを完全に自身の血肉と化した演奏を心掛けているようだ。

この《即興曲集》は、シューベルトに内在している"歌"を、ピリスが慎み深く歌い上げた演奏の典型である。

イヴ・シモンの小説の一部を引用し、シューベルトを旅人にたとえたピリスは、彼の孤独な心の旅をたどるかのように、ひとつひとつのフレーズを深々と掘り下げ、ニュアンス豊かに紡ぎ出す。

スリムな外見を支えているピリスのヒューマンな感情、それが聴き手の心を満たしてくれる。

小粒ながらピリリとした演奏がピリスの身上。その持ち味がたっぷり楽しめる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:01コメント(0)トラックバック(0)シューベルト | ピリス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ