2010年11月20日

チョン・キョンファ&ショルティのバルトーク:ヴァイオリン協奏曲第1番&第2番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アシュケナージとショルティによるバルトーク:ピアノ協奏曲全集がカップリングされているが、その演奏内容については別項に書きたい。

チョン・キョンファが特に輝いていたのは、いったい何時だったというべきなのだろうか?

そうした問題を考えるには、このバルトークの2曲の協奏曲を収録したディスクは、ある一定の解答を示してくれるに違いあるまい。

とりわけ、1976年に録音された第2番(オケはロンドン・フィル)の演奏は、ピリピリとした緊張感に貫かれ、なべてのものがピン・ポイントの明快さで把握されており、いかにもチョン・キョンファらしいところがよく出ている。

それは1983年に録音された第1番(オケはシカゴ響)と比較してみても、ある程度明らかといえるだろう。

とりわけ第1番の凄まじさは絶後、迫力あるオケのサポートと相まって、鳥肌の立つ瞬間が頻出する。

鬼気迫るような怖ささえ感じられる演奏だ。

20代後半と30代半ばの、まさに音楽にのめりこみ猛進していた時期の演奏で、チョンのひとつのピークを物語る上では最良のものであろう。

気迫のこもった歌心と鮮烈な技巧、そして強力な集中力など、心の底を揺さぶられるようなバルトークである。

この種の音楽はチョンがもっとも得意とするだけに、ここでもひたすら音楽に没入し、比類のない凝縮度の高い演奏を実現している。

高いテンションを維持しながらそこにバルトークにふさわしい歌をもりこみ、音楽の起伏を巧みに描き出す奥行きのある表現を聴かせるところもこのヴァイオリニストならではで、テクニックの切れ味も申し分ない。

身を切るごときバルトークの鋭敏な音楽から、これほど情熱と暖かさを引き出した演奏はあるまい。

これら2曲の収録時と比べると彼女の芸風は変化してきているが、少なくともバルトークを弾くにはこの頃がベストだったのではなかろうか。

両曲の演奏を通して、指揮者ショルティが圧倒的な存在感を示している点も、忘れずに指摘しておきたい。

作曲家に対する深い共感に裏打ちされたショルティの指揮は、チョンの火の玉となったようなソロに一歩も譲らない。

チョンとショルティの、この音楽へのシンパシーと感性の同一性を感じないではいられない。

協奏曲録音における一つの理想といえるだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 16:27コメント(2)チョン・キョンファ | ショルティ 

コメント一覧

1. Posted by 小島晶二   2020年07月19日 10:50
4 バルトークは未聴ですが, じゃじゃ馬キョンファがあっと言わせたデビュー当時のシベリウス, チャイコフスキーの録音が1970年, ストラヴィンスキーとブルッフが1972年, デュトワとの不倫騒動を生んだチャイコフスキーの再録が1981年。従って彼女のあの切れ味の鋭い秀演を連発したのは1970年代になると思います。1989年以降はベートーヴェンやブラームスとブルッフの再録でファンを失望させたので, それ以降は聞く気がしません。
ショルティのバルトークが素晴らしいのはショルティ嫌いのファンも認める事でしょう。ただ小生バルトークでは<管弦楽のための協奏曲>と<弦楽ディベルティメント>以外は余り聞かないので, これ以上は発言を差し控えます。
2. Posted by 和田   2020年07月19日 13:19
デビュー当初からチョン・キョンファの演奏は、一般的に名ヴァイオリニストと呼ばれるための条件、すなわち美しく艶やかな音と高度に磨かれたテクニック、そして楽器を美しく歌わせる情感の豊かさといったものを備えていることは当然ですが、さらにそれらに加えてその表情に、彼女ならではの燃えさかる火のような情熱を感じさせることが大きな特徴となっていると言えるでしょう。それはいかなる作品においても、独特の緊張感のある音楽の運びとなって現われ、もしかして東洋人ならではと言えそうな、瞑想的で陰影豊かな表情とともに聴き手を惹きつけずにはおかない魅力となっていますね。それは充分に個性的な演奏であることに間違いないのですが、作品の持ち味を余すところなく表出していることも、また、確かです。最近はそこに、より柔和でおおらかな表情も加わってきて、一段と深い味わいを宿すようになりましたが、ヴァイオリンは自ら音を作らなければならない楽器なので加齢とともに衰えていくのは致し方ないのでしょうね。晩年まで衰えを見せなかったのはミルシテインくらいだと思います。小島さんのおっしゃるよう、チョン・キョンファの全盛期は1970年代ということになるのでしょう。
ショルティのバルトークについては、ただ音を鳴らすだけで素晴らしい演奏になるといった感じですが、やはりバルトークに教えを受けたからでしょうか?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ