2010年11月24日

カヤヌスのシベリウス:交響曲選集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カヤヌスはシベリウスの親友で、生涯シベリウスの作品の紹介につとめた。

したがってカヤヌスの残した4曲の交響曲ほかは、作曲者直伝のもっとも正統的な解釈である。

むろんシベリウス在世中の空気を生々しく伝えた演奏といえる。

第1、第2、第3、そして第5を遺したカヤヌスの演奏のどれもが、シベリウスの交響曲を少しでも考えようとするなら絶対に聴かなくではならない録音だ。

途方もなく力強いが粗野ではない。格調高く美しく、真に英雄的な音楽。すべてはこれを踏まえてからの話だ。

基本テンポ設定、楽器の奏法などが現代のものと異なり、作曲当時の状況を髣髴とさせてくれる。

オケのメカニックもしまらない感じだが、たいへん音楽性の豊かな演奏。

メカニックが優れただけで姑息な新しい録音を聴くよりも、多くの発見がこの演奏には約束されているのである。

最初の2曲はたんに交響楽団としか記されていないが、実体はあとの曲と同じロンドン交響楽団である。

演奏はいずれも凄いほどの意欲と共感に貫かれている。

楽員も非常な熱意をもち、第1番を燃えたぎる灼熱の音楽としている。

第2番は端的な表情とラプソディックな趣を巧みに交錯させ、第3番では意外なほど強靭な力感、第5番では内面のロマンを堂々とあらわしている。

それぞれが作品の本質を衝いた名演である。

録音の状態が悪いのはどうしようもないが、シベリウスの演奏を楽しむうえで不可欠な録音であることは確か。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:33コメント(0)トラックバック(0)シベリウス  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ