2010年12月12日

ムーティ&ウィーン・フィルのモーツァルト:交響曲第40番&第41番「ジュピター」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



原典主義者ムーティがウィーン・フィルを得て、現代の言葉でモーツァルトを語った演奏だ。

ムーティのモーツァルトは、主観と客観の絶妙なバランスに支えられており、現代の聴き手にとってモーツァルトの交響曲を聴くことがいかに大きな慰めとなり、また救いとなるかを、現代の言葉で証明して見せた魅力と説得力がある。

モーツァルトだからということで距離をおくことなく、実にのびやかに歌い上げた爽快感あふれる演奏であり、時に見せる大胆なアプローチも、かえってモーツァルトの新しさを掘り起こしている。

第40番は明快で、いかにもムーティらしい率直な演奏だが、求心的エネルギーが異例の気迫と説得力を作り出している。

それはこの交響曲を魂の叫びとして再現した劇的演奏であり、ムーティの燃えるような眼差しが灼熱の音となって噴出したかのようだ。

そんなムーティにとっては、当然、クラリネットを含む第2版が採用されている。

ムーティの《ジュピター》は、この作品がモーツァルトの《英雄》交響曲であることを鮮烈に実感させる。

これほど力強く、壮麗で、また劇的な演奏は前例がなく、演奏が放つエネルギーに圧倒される。

ウィーン・フィルも怖さすら感じさせる演奏を聴かせている。

指示された反復記号も原則的に忠実に守って、作品のメッセージのすべてが実に生き生きとした音となって響きわたっている。

ウィーン・フィルを得たことも大きな魅力で、現代に聴くモーツァルト像が、こんなにもつややかな音色とふくよかな表情で再現された例もないといえよう。

美しく、ロマンティックな夢に誘われる現代のモーツァルト演奏だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 09:51コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト | ムーティ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ