2010年12月05日

スウィトナー&シュターツカペレ・ベルリンのウェーバー:序曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



スウィトナー時代のシュターツカペレ・ベルリンの代表的名盤。

自然で、柔らかな表情をたたえたウェーバーで、随所でオーケストラ・ピットで培われた劇場的な雰囲気がいかされている。

なのに、このCDが目下廃盤の憂き目にあいそうなのは、定番の《魔弾の射手》や《オイリアンテ》が入っておらず、5曲のうちポピュラーなのは《オベロン》のみという事情があるのかもしれない。

しかし筆者に言わせればそれでも魅力は十分。

1曲目の《オベロン》の夢のような美しさにうっとりとさせられれば、もうそのまま最後まで聴かずにはいられなくなる。

音楽の自然な流れを大切にし、しかも卓抜な演出力の持ち主でもあるスウィトナーの特質が遺憾なく発揮されている。

スウィトナーの指揮はおよそぼってりとしたところのない、清潔で引き締まったタッチで一貫している。

それでいてどの序曲のどのページも柔らかくデリケートな表情に満ちており、それがいきいきとオペラないし劇の気分をリスニングルームいっぱいに醸し出す。

最も見事なのは《精霊の王》で、緩急と起伏を大きくつけながら、ドイツ的なコクのある音楽を作り上げている。

《オベロン》での序奏部分のファンタスティックな雰囲気の描き方が巧妙で、主部に入ってからの闊達な表情との対比も鮮やかだ。

シュターツカペレ・ベルリンも素晴らしい出来で、抜群の底力を発揮している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:19コメント(0)トラックバック(0)ウェーバー | スウィトナー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ