2010年12月06日

ムラヴィンスキー&レニングラード・フィルのシベリウス:交響曲第3番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1963年、ムラヴィンスキー/レニングラード・フィルによる、シベリウス:交響曲第3番の旧ソ連における初演のライヴ録音である。

ムラヴィンスキーならではの、巨匠の至芸だ。

意志の力が強く、人間的であり、立体的で彫りの深い音のすべてに指揮者の魂が刻印されている。

それでいて、シベリウスの本質を逸脱していないのはさすがだが、金管の強奏がいささかロシアくさいのは致し方ない。

かつて柴田南雄氏が、自著で「ムラヴィンスキーには、ロシアのシンフォニックな語法しか操れないのだろうか」と批判されているが、私はこの見方には断固反対だ。

ムラヴィンスキーほど、ロシアのシンフォニックな語法だけに収まらない大演奏家はいないからである。

それでなければ、あんなに素敵なモーツァルトやベートーヴェンを演奏できるはずがない。

シベリウス演奏には、ブルックナーと似た厳しさがあるが、実際、ここに鳴っているシベリウスの純粋さ、透徹した厳しさは、まったく孤高の存在である。

俗世を顧みず、ひたすら透明な美を追究する姿勢は、ムラヴィンスキーとシベリウスに共通するものであり、なんの齟齬もない。

なお、このCDにはオリジナルのモノーラル録音とボーナストラックに疑似ステレオ化バージョンが収録されているが、断然後者の方が音質が鮮明で、この演奏の真価をよく伝えている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:33コメント(0)トラックバック(0)シベリウス | ムラヴィンスキー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ