2010年12月17日

バックハウス/ライヴ・アット・カーネギーホール 1956


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1925年を最後にアメリカでの活動を中断していたバックハウスは、1954年、28年ぶりにアメリカを訪れ、カーネギー・ホールでリサイタルを持った。

これは、それから2年後の1956年に再びカーネギー・ホールで行われたリサイタルのライヴ録音であるが、その頃に唯一となった日本での公演が実現されているだけに、記録としても貴重である。

ベートーヴェンのソナタを連ねたあとに、シューベルトとショパンやシューマンといった作曲家のロマン的な小品が置かれた興味ある1枚である。

バックハウスは、どんな難曲も見事にこなす技巧を誇り、「鍵盤の獅子王」と呼ばれていたが、このアルバムにも表れているように、ただ指が敏速に動くというのではない。

そのタッチの集まりが豊満で力強い響き、濁りのない美しいフォルテを生み、それが骨太な構築、質実剛健な演奏につながっている。

一方、演奏家が本当に得意な曲目に絞って録音していたこの時代、バックハウスも或る時期からレパートリーを限定した。

この貴重なライヴにも、彼の得意な、あるいは好んだ曲目が並ぶ。

ベートーヴェンのソナタ2曲では、彫りの深い造形が成されている。

《月光》では淡々と弾きながらも、この曲のもつ情感をよく表出していて、きわめて訴えかける力の強い演奏だ。

《ハンマークラヴィーア》ではスケールの雄大な、巨人的風格にあふれた演奏で、「鍵盤の獅子王」と呼ばれたバックハウスの面目が躍如としている。

アンコールの小品4曲では、この巨匠の淡々としたなかにも素朴な美しさ、作品への深い愛着が滲み出る。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0)バックハウス  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ