2010年12月24日

ジュリーニ&コンセルトヘボウのドビュッシー&ラヴェル:管弦楽曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ジュリーニのヨーロッパ帰国時代のフランス音楽名演集。

ジュリーニはロス・フィル音楽監督時代に《海》《マ・メール・ロワ》を録音しており、自身の手で鍛え上げたロス・フィルの緻密な合奏力を駆使して、精緻この上ない完璧なまでの演奏を聴かせていたが、ここでの《マ・メール・ロワ》はロス・フィルを退いて5年後、そして《海》はさらに5年を経たジュリーニ80歳の時にコンセルトヘボウ管で再録音したもの。

《亡き王女のためのパヴァーヌ》も再録音だが、《牧神の午後への前奏曲》は初録音。

最初に聴いたとき、「この深み、気品、スケールの大きさは尋常ではない」と深く感じ入った。

その演奏は、いずれも聴き手を意識していないような内的緊張感をもって、丹念に音を積み上げてゆきながら、崇高なまでに美しい音と響き、何とも形容し難いほどの表情を生み出しており、まさに感動的である。

ジュリーニは、ここで、ひとつひとつのフレーズを慈しむかのように丹念に音楽をつくり上げることによって、深い内容をたたえた崇高美とも言うべき異様なまでの音楽美の世界をつくり上げている。

それは、もはや祈りにも近い。

《海》は、第1楽章の大きく孤を描くようなスケールの大きな設計。第2楽章の生き生きとした表情。第3楽章の激しさと美しさと迫力。心を深く揺さぶる。

また、ラヴェルの《亡き王女のためのパヴァーヌ》は遅いテンポだが、じっくり響き切った充実した演奏。

《マ・メール・ロワ》の気高くヒューマンな世界も素晴らしい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:34コメント(0)トラックバック(0)ジュリーニ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ