2011年01月14日

フルトヴェングラーのベートーヴェン:交響曲第3番《エロイカ》(1952/12/7)/大フーガ(1954/8/30)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



この1952年12月7日のベルリンでの演奏会は、同年5月に行われたメニューインを迎えてのベルリン・フィルの定期以来、ほぼ半年ぶりのベルリン復帰であり、また心配された病気回復後の演奏会ともあって、たいへん話題となったものである。

このコンサートに足を運んだ批評家のハンス・ハインツ・シットゥッケンシュミットによれば、指揮台に現れたフルトヴェングラーは、表情や歩き方にまだ病みあがりといった雰囲気を残していたということであるが、指揮を始めると、昔ながらの魔力にみちた演奏が展開され、フルトヴェングラーの健在ぶりが確認されたということである。

しかし、健康に不安をいだき、かつ父の持病でもあった難聴の兆しをおそれ始めたのか、この《エロイカ》の演奏には気宇壮大なスケール感とほとんど隣り合わせにどこか翳りのある表現も感じられるように思われる。

十分にダイナミックで逞しく、フルトヴェングラーならではの大きな息づかいといったものが一貫して流れてはいるが、演奏にみなぎる覇気や輝きあるいは前へ前へと走りこむ推進力は従来よりいささか後退している。

むしろ、ここにはそれ以上に柔和な優しさとさらに作品のもつ深みが追究された感があり、例えば第2楽章のいわゆるフーガのよる展開へと移行する部分の重く、長い間の取り方など、虚無的なばかりの寂寥感があり、そのものいわぬ気迫に圧倒されるばかりである。

いずれにしても、この演奏は、さらに一歩深みへと到達した66歳の巨匠による感動的なライヴということができよう。

ザルツブルク音楽祭での伝説的なライヴである《大フーガ》も白熱した演奏。

強固な意志を感じさせる見事な演奏で、ディテールの味わい深さも特筆に値する。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:25コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | フルトヴェングラー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ