2011年12月01日

モントゥー&ロンドン響のチャイコフスキー:交響曲第5番(1963年ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



モントゥーは1950年代後半に、ボストン響とのコンビでチャイコフスキーの後期3大交響曲の録音を行なっており、それらはいずれもこの名指揮者の品格ある音楽性を存分に味わえる出来ばえだが、第5番に関してはロンドン響との1963年ウィーン芸術週間のライヴ録音が音質も優れている上、モントゥーの永遠の青春性と共感しきったロンドン響の瑞々しくもコクのあるアンサンブルがまことに素晴らしい。

モントゥーの数多い名盤の中でも最右翼に位置するもののひとつだし、第5交響曲のディスクの中でもムラヴィンスキーの1960年盤と並んで屈指のものといえるだろう。

モントゥーは1875年生まれであるから、このとき88歳! 死の前年とは思えない、若い生命力と力強い構成力で聴く者を圧倒する。

別にことさら大仰な身ぶり、手ぶりをしているわけではないのだが、至極当たり前の語り口がいつしか驚くほど底力のある表現力を身につけるまでに発展していく様が、何とも素晴らしい。

音も構成もどこまでも透明で淀みがなく、ロンドン響も大きな共感と献身をもって巨匠の棒に応えている。

ワルツ楽章に聴くエレガントさも、モントゥーならではのもの。

モントゥーは、生前、チャイコフスキーの音楽に、個人的な悲痛を盛り込む演奏を好んでいなかった。

「音楽の中にすべてが存在するというのに、なぜ個人の悩みなどひけらかそうとするのか。私はチャイコフスキーの音楽を書かれているままに演奏する。それでまさしく充分なのだ」

この言葉に、モントゥー芸術の核心がある。

チャイコフスキーを、ベートーヴェンやブラームスに置き換えれば、そのままあの素晴らしい演奏になるのだ。

幸せなチャイコフスキーである。

ムラヴィンスキーが一直線に天に駆け上がるとき、モントゥーは多くの同胞を抱きかかえながら微笑み、レニングラード・フィルがアンサンブルを鋼鉄に鍛え上げるとき、ロンドン響は心を響き合わせる歓びを謳歌する。

どちらも、それぞれの流儀を究めており、優劣の問題ではなくなる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:25コメント(6)チャイコフスキー | モントゥー 

コメント一覧

1. Posted by 長尾裕   2011年12月26日 01:52
5 モントゥーのチャイコの5番は、確かに素晴らしい。ロンドン響とウィーン芸術週間でのものはボストン響と並んで、評価する。ブラームスの2番もこの人のお家芸だ。
2. Posted by 和田   2011年12月26日 12:01
長尾裕さん、私も全く同意見です。

モントゥーのブラームスとチャイコフスキーは私も愛聴しています。

ボストン響とのチャイコフスキーでは、第4番も傾聴に値する名演だと思います。

またのコメントお待ちしております。
3. Posted by 小島晶二   2021年07月27日 09:49
4 この5番は実に良く練られた秀演で,ライヴとしては録音も良好。私の好きな第2楽章も潤いに溢れた美演で,弦のユニゾンの妖艶さは特質すべき出来栄えです。以前ブラームス2番の際に述べましたが,それでもどうしてこの人はテンポを細かく変化させるのか理解に苦しみます。こうした変化の多用は楽章の輪郭を壊してしまい,最終楽章にはガッカリさせられました。名演だけに惜しい気がします。モントゥーのチャイコフスキーならボストン響と組んだ4番でしょう。まさに運命を感じさせる力演です。
4. Posted by 和田   2021年07月27日 12:31
交響曲第4番については、ムラヴィンスキーの演奏があまりにも凄い超絶的な名演であるために、他の演奏は不利な立場に置かれていると言わざるを得ませんが、私としては、ムラヴィンスキーの名演は別格として、それに次ぐ名演としては、カラヤン&ベルリン・フィルによる演奏(1971年)とモントゥー&ボストン響による演奏を掲げたいと考えます。このうち、カラヤンの演奏は、ベルリン・フィルの卓越した技量を駆使したオーケストラ演奏の極致と言うべきもので、これにライヴ録音を思わせるようなドラマティックな要素が付加された圧倒的な音のドラマでした。これに対して、モントゥーによる演奏は、同曲にこめられた、運命に翻弄される作曲者の苦悩や絶望感、そして生への憧憬などを徹底的に追求するとともに、それを音化することに成功した彫りの深い演奏に仕上がっています。極論すれば、カラヤンの演奏が音のドラマであるのに対して、本演奏は人間のドラマといった趣きがあるとも言えるところです。全体としては、ムラヴィンスキーの演奏と同様に、速めのテンポ(ムラヴィンスキーより快速の39分で全体を駆け抜けています)による引き締まった造型が印象的ですが、かかる堅固な造型の中において、モントゥーは、細部に至るまで彫琢の限りを尽くしたドラマティックな演奏を展開しています。トゥッティに向けて畳み掛けていくような気迫と力強い生命力は、圧倒的な迫力を誇っており、とてもスタジオ録音とは思えないような壮絶の極みとも言える劇的な演奏を展開しています。第2楽章のロシア風のメランコリックな抒情の歌い方にも、格調の高さが支配しており、高踏的な美しさを誇っているのは、モントゥーだけに可能な圧巻の至芸でしょう。
5. Posted by 小島晶二   2021年07月28日 00:29
追伸。モントゥー&ボストン響には前年にライヴ演奏があり,こちらはセッション録音を上回る快速の名演ですが,録音が劣悪で音が割れています。ムラヴィンスキーが別格なのは同意見。和田さんは快速型の4番に惹かれる様ですが,私は抒情的なバーンスタイン (CBSソニー盤,グラモフォン盤何れも) や切れ味で勝負するショルティに強く惹かれます。特に前者の第2楽章(またかと言われそう)は秀逸。
6. Posted by 和田   2021年07月28日 01:03
チャイ4はテンポを細かく揺らす標題音楽派の代表はバーンスタインでしょう。3回の録音の内、最初の1959年盤が最も良く、最後の1989年盤は部分的に目覚ましい解釈があるものの、全体としては散漫で、遅いテンポが持ちこたえられません。絶対音楽派の代表としてはショルティが挙げられます。ムラヴィンスキーのグラモフォン盤をより現代的に磨き上げたようなスタイルで、アッチェレランドやリタルダンドもブロックごとのテンポの切り換えに還元されることが多く、文字通りデジタル的な演奏と言えます。シカゴ交響楽団のうまさは啞然とするばかりです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ