2011年02月09日

リヒテルのチャイコフスキー、プロコフィエフ、バッハ:ピアノ協奏曲第1番(スプラフォン盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



リヒテルが"西側"にようやくその実体をあらわし始めたのが1959年。

それまでは幻のピアニストとして封印されていた。

しかし今日では、その"幻のピアニスト"時代が録音演奏によって次々と復元されている。

本盤もそのひとつで、リヒテルが初めてプラハを訪れた際(1954年)に収録されたものである。

当時のリヒテルは39歳。この頃の彼の演奏には、何か肩で風を切る壮快さがある。

一音一音の音質の端麗さはいうまでもないが、表現にはムラがなく、一気呵成に最後までもっていく表現力は尋常ではない。

チャイコフスキーは速いテンポでぐんぐん進めつつ、たくましい打鍵でピアノ全体を鳴らしている。

思い切ったルバートで情感を盛り上げ、時にはすさまじいスピードで突進するなど、なかなかスリル満点だ。

プロコフィエフは後年のリヒテルに比べるとコクがない。

なかでは感情をこめて豪壮なクライマックスを築き上げる第2楽章が聴きものだ。

アンチェルの指揮は清らかで柔らか味もあり美しい。

身を切るようなバッハの美演、プロコフィエフの精悍なピアニズム、そしてチャイコフスキーの奔放さ!

まさに極上のリヒテルがここにある。

とくにチャイコフスキーはアンチェルの指揮ともども、ムラヴィンスキーやカラヤンとの共演盤と比べても遜色のない名演といえよう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:44コメント(0)トラックバック(0)リヒテル  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ