2011年02月22日

小澤のフォーレ:管弦楽曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



小澤&ボストン響の8年ぶりのDGへの新録音で、初のフォーレだった。

メーテルランクの戯曲『ペレアスとメリザンド』のロンドン上演に際し、英女優キャンベル夫人からの依頼で書きあげた全17の曲の劇音楽のなかから、3曲をとりあげて、フォーレは組曲を作った。

のちに〈シシリエンヌ〉を加えて4曲からなる組曲にした。

近年は〈メリザンドの歌〉を入れて演奏するようにもなった。

小澤征爾の『フォーレ管弦楽名演集』に収められた《ペレアスとメリザンド》が聴きもので、小澤はデリケートな感覚で各曲を丹念にまとめあげている。

小澤の得意とするフランス音楽だけに、その描写力の卓抜さに魅せられてしまう。

美しい色彩感と抒情的な味わい、全編にただよう詩情など、この曲の魅力をあますところなく伝えている。

ことに、デリケートな感覚で流麗な旋律を心ゆくまでうたわせた〈シシリエンヌ〉など見事である。

ボストン響も、美しくまろやかにとけあった響きで、優れたアンサンブルを聴かせる。

オーケストラの繊細さや音色的推移の美しさ、豊かなリリシズムなどが生きた好演といえよう。

梢の葉を揺らす銀色の風にも似た風雅な余情を感じさせる演奏だ。

ボストン響の首席チェリスト、エスキンの弾く「夢のあとに」と「エレジー」は特に高音が美しい。

組曲「ドリー」もかなりの出来。

「パヴァーヌ」はいかにも小澤らしく流れが豊かだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:35コメント(0)トラックバック(0)フォーレ | 小澤 征爾 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ