2011年03月20日

モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」K.492 カール・ベーム指揮 ウィーン国立歌劇場日本公演 1980年 [DVD]


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ウィーン国立歌劇場の、日本での引っ越し公演(1980年)のライヴ。

ベームの残したモーツァルトのオペラのレコードは、スタジオ録音とライヴ録音とでだいぶ様相が異なる。

両者のあいだには大きな変化が生じ、ベームはまるで2つの顔をもつようだ。

ライヴでは演奏の本質はスタジオと変わりないが、聴衆の反応を感じ取ると、慎重派のベームといえども少しずつエキサイトし、用意された下書きとは違った表現が表れてくる。

ライヴ特有の多少粗削りながら音楽の流れを閉ざさないモーツァルトも素晴らしい。

このライヴ盤は、まったく予想だにしないくらい、傑出したものとなった。

1980年といえば、ベームは85歳を超えているが、ここで指揮をするベームは、信じがたいほど精気に満ちた、躍動感のある、若さほとばしるモーツァルトを形作っている。

利発で機転のきくスザンナのルチア・ポップの、絶妙なタイミングの言葉のやりとり、情感のこもるしんみりした歌、最後まで気の休まることのないこの役を、みごとにこなしている。

フィガロを演じるヘルマン・プライも、最高の相手(ポップ)に恵まれて、十二分の力を発揮。

ケルビーノのアグネス・バルツァも、2曲のアリアとも完璧な出来ばえ、歌い終わったあとの拍手の長さからみても、人気一番であったろう。

ちょっとびっくりしたのは、伯爵夫人のグンドゥラ・ヤノヴィッツだ。

レコードで聴く彼女は上品でそつが無く、静的な歌い方でハメをはずすことはないと思っていたが、どうしてどうして、ふたつの美しいアリアを十分に歌い分け、彼女一代の名唱を残した。

このときの聴衆の拍手は、この歌にどれだけ感銘したか、印象深いものであったかを物語っている。

彼女はレシタティーヴォ・セッコの部分でも意志の強さを表現し、堂々とした伯爵夫人を演じている。

脇役にまで一流どころを揃えたこの《フィガロ》は、20世紀の規範となるべき普遍性をもった演奏として、誰が聴いても納得できる夢のようなレコーディングとなった。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 13:12コメント(0)トラックバック(0)モーツァルト | ベーム 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ