2011年03月01日

クナの「ブラ3」(1963年ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クナッパーツブッシュはブラームスの交響曲第3番を得意にしており、何種類も録音があるが、どれかひとつと言われれば、最後のシュトゥットガルト放送響を採る。

クナの「ブラ3」は、どの演奏も遅いテンポでうねるように流れ、大胆なアゴーギクを駆使しながら、そこには音楽としての必然性があるという共通点がある。

しかし年月を経るとともに、その内実が変容していったのは、積み重ねた年輪のなせる業であろう。

このシュトゥットガルト盤は、クナが到達したほとんど最後の境地である。

この演奏は、この偉大な芸術家の独白を聴く思いがする。

第1楽章のテンポは「遅い」のではなく「幅が広い」のである。決してもたれることなく、巨大なフォルムが浮かび上がるが、その感情はどこか懐古的である。

第2楽章は、すべてのパートがじつにしみじみと語りかけてくるのが素晴らしい。

そして第3楽章のテーマを弾くチェロがこんなに痛切だったことが今までにあったろうか! メロディーがヴァイオリンに移ったときの対旋律のチェロは、ほとんど泣いているようではないか!

一般的に放送オケというのは機能的で、わりとドライな演奏をしがちだが、この日のシュトゥットガルト放送響は違う。

オケがクナの棒の下で演奏できる喜びに、胸をふるわせていたに違いないと私は確信するのである。

第4楽章は普通の倍も遅いようなテンポで開始され、ひたすらうねっていくが、そこには強烈なエネルギーの放射がある。

しかしそれはフルトヴェングラー流の、指揮者もオケも夢中になって燃え上がっていくというタイプの演奏ではなく、指揮者が淡々と出す指示に、オケが自発的に心をこめて応えるというものではなかったのか。

だからこそ、音楽が楽譜の指示からはみ出して大揺れに揺れても、どこか見通しの良さがあるのだと思う。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 05:12コメント(0)トラックバック(0)ブラームス | クナッパーツブッシュ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ