2011年06月08日

セルのヘンデル:「水上の音楽」「王宮の花火の音楽」「ラルゴ」ほか


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ヘンデルの「大きさ」が「巨大さ」の域にまで達しているのが、このジョージ・セル指揮の《ヘンデル管弦楽曲集》。

とりわけ《王宮の花火の音楽》がすさまじい。

ハーティ版を用いているが、とてつもなくゆったりとした速度、磨き抜かれたレガート、打楽器の突撃するような連打など、まったくいつの時代の曲なのか不明になるほど、ゴージャスなオーケストラ・サウンドの世界を繰り広げている。

こういうパフォーマンスに対する批判的研究から、古楽器の演奏が登場してきたわけで、その理由もよくわかる。

ひとえに当時のセルと、すばらしいロンドン交響楽団との組み合わせでのみ成立した、稀有な名演奏。

いろいろな意味で、失われたものの大きさを知る絶好の盤といえよう。

《水上の音楽》も、セルが楽譜に手を入れているようで、オケの決然とした響き、深いリズムに圧倒される。

最後に収録された例の《ラルゴ》が、また超名演だ。

悲しみですら透明だった時代の、幻のような1ページ。

たいへんな演奏であり、「汚らわしいこの世の中はキライ、美の人工楽園の中で陶然としていたい」という人には最高に薦められる音楽だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:08コメント(0)トラックバック(0)ヘンデル | セル 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ