2011年05月17日

バレンボイム&イギリス室内管のドヴォルザーク&チャイコフスキー:弦楽セレナード


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



このバレンボイム、イギリス室内管によるドヴォルザークの「弦セレ」は、心のこもった演奏なので、好きである。

もしかすると「古臭い感じがする」とか「野暮ったい」と言われかねないほどの演奏なのだが、良いものは良いとしか言いようがない。

第1楽章はじつに温かい響きで始まるが、すぐにファースト・ヴァイオリンにポルタメント(意図的な音のずり上げ)すら現れる。

戦前のオーケストラならいざ知らず、1970年代の録音でポルタメントとは珍しいと思うのだが、それが陳腐ではなく感動に結びついているところに、この演奏の凄さがある。

しかも再現部の同じ箇所でも、やはり同様のポルタメントがかかるので、これはもう確信犯である。

室内管弦楽団でありながらフルオケのような分厚い響きで歌い上げていくのも、素晴らしいと思う。

第2楽章主部の憧れを感じさせる表現と、トリオのしみじみとした情感の対比はじつに鮮やか。

そして活き活きとした感動が直接伝わってくるスケルツォにおいて、最後の部分は、ちょっとテンポを落とすことによって夕映えの情景にしてしまう、心憎いばかりの表現だ。

第4楽章はまさに「夜の音楽」である。

最初はすーっと流しながら、しだいに熱い情感がこみ上げてくるところなど、じつにみごと。

聴き手はきっと、追憶の世界に引き入れられてしまうに違いない。

しかしそんな夢を吹き飛ばすようなパリッとしたフィナーレの熱狂、そして第1楽章の回想の懐かしさ、さらにプレスト鮮やかな締めくくりと、この演奏は最後まで聴き手を捉えて離さないのである。

カップリングされているチャイコフスキーの「弦セレ」も素晴らしいが、より感動的なのはこのドヴォルザークだと思う。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:02コメント(0)トラックバック(0)バレンボイム  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ