2011年03月17日

テンシュテットのマーラー:交響曲第6番《悲劇的》(1983年ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1983年、テンシュテットのもっとも愛する第6番がレコーディングされたが、このライヴ録音はそれからしばらくたって収録されたもの。

マーラーでも屈指の暗い曲想を持つこのシンフォニーで、まず筆者が重視するのは、終楽章の導入部である。

運命の動機が冒頭からフル・オーケストラで現れ、金管による鬱々としたコラールに引き継がれる。

不安定な気分をかき立てながら曲は加速し、第1主題のごうごうたるトゥッティへと突き進む。

ドロドロと渦巻く、どす黒い情念が奥底から噴き出し、鬱積した苦悩や不安が赤裸々に姿を現すさまを、これほど強烈な音楽として定着させた例は、古今でも数少ないのではないか。

だからこそ演奏は、諦念のなかにもふつふつとたぎる暗い情念を十全に描き出し、かつスリリングな展開を強烈な曲想のままに示さなければ、ウソだろう。

テンシュテット&ロンドン・フィルの聴きどころは、まさにここにある。

マーラー的な語法を自家薬籠中のものとした上で、存分のドライブ感と彫りの深い演出を聴かせ、曲をきれいごとで終わらせない。

散発的に飛びだす管の突飛なフレーズの扱いや音色、着実なテンポ設定など、彼の棒から自然と生成するリードは、そのまま巧みな設計へとつながり、最終的には強大なカタストロフィーと陶酔へ導いてくれる。

もちろん他の楽章の出来も素晴らしい。

いわゆる「マーラーの毒」をたっぷり含んだ第3楽章の底知れぬ深みは驚異的。

ロンドン・フィルも良くテンシュテットの棒に応えている。

1980年代以降、マーラー・ブームに合わせ、第6番のCDも増えた。だが、生真面目なだけでインパクトに欠ける盤や、分析的なあざとさばかりが目立つ盤などは、やっぱりペケだ。

テンシュテットの第6番には、1991年に行ったライヴ録音もあるが、演奏にほとばしる生命力の強さや端正な造形の点で、筆者は1983年のライヴ録音盤を採る。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:41コメント(2)マーラー | テンシュテット 

コメント一覧

1. Posted by 小島晶二   2020年11月11日 09:12
4 テンシュテット。惜しい指揮者を失ってかなりの年月が経ちました。私が最初に彼の録音に接したのはLP期のワーグナー管弦楽曲集でした。そのメリハリのある壮麗な響きに感動した覚えが有ります。その後の彼のディスクの中心はマーラーで,5番以降に秀演が多いと思います。バーンスタインと同様相当芝居がかった演奏ですが, 楽曲の核心に迫る力量を感じます。私にとって6番のディスクではテンシュテット旧盤とバーンスタイン新盤が双璧で, 第1, 3(アンダンテ)楽章はテンシュテット, 第2, 4楽章はバーンスタインという評価は今も変わっていません。しかし本盤はEMI盤とは別の演奏で,まるでフルトヴェングラーの様に83年に同曲が同じオーケストラで2度録音されたのでしょうか。一般的には闘病後の91年の新盤の方が人気が高いので, 91年のライヴ盤より83年のライヴ録音の方が上だという意見には少し驚きました。83年の旧盤はカセットテープで持っていますが91年盤は未だ試聴する機会が無いので, 3者の違いをもう少し解説していただければ幸いです。
2. Posted by 和田   2020年11月11日 11:10
3者の違いがありそうでそうありません。ただ今現在は91年盤が随一だと感じています。というのも、テンシュテットは85年に咽頭がんを患い、その後は放射線治療を続けつつ体調がいい時だけ指揮をするという絶望的な状況に追い込まれたからです。したがって、91年の演奏には、死と隣り合わせの壮絶な演奏を展開しており、1つ1つのコンサートに命がけで臨んでいた渾身の大熱演とも言うべき壮絶な迫力に満ち溢れています。テンシュテットのマーラーの交響曲へのアプローチはドラマティックの極みとも言うべき劇的なものです。これはスタジオ録音であろうが、ライヴ録音であろうが、さして変わりはなく、変幻自在のテンポ設定や思い切った強弱の変化、猛烈なアッチェレランドなどを駆使して、大胆極まりない劇的な表現を施しています。かかる劇的な表現においては、かのバーンスタインと類似している点も無きにしも非ずであり、マーラーの交響曲の本質である死への恐怖や闘い、それと対置する生への妄執や憧憬を完璧に音化し得たのは、バーンスタインとテンシュテットであったと言えるのかもしれません。マーラーがこの曲を作曲したときと同じような心境に追い詰められたテンシュテットの大仰ではない、真に深い苦しみが刻印され、我々聴き手の肺腑を打つのに十分な凄みのある迫力を湛えていると評価します。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ