2011年04月14日

ワルター&ニューヨーク・フィルのブラームス:交響曲第2番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



このブラームスの交響曲第2番にも、自分の好んでいるものがたくさんある。

ザンデルリンク(新盤)、モントゥー(ロンドン響)、チェリビダッケ(EMI)、シューリヒト(ウィーン・フィル)、ほかにもムラヴィンスキー、クナッパーツブッシュ、フルトヴェングラーなども。

しかし、以前全集で紹介しているので少し悩んだが、この曲の最高の名演奏として、ワルターのニューヨーク・フィルとの録音を推薦する。

それは、この曲にはいつも皮肉や毒舌しか口から出てこないブラームスと違って、終始機嫌が良く、朗らかな姿が映し出されているからで、それにぴったりと合っているのが、このワルター、ニューヨーク・フィル盤だったのである。

ワルターの指揮は燃えるような情熱でオーケストラを引っ張っているが、オーケストラ側は引っ張られているというよりも、ワルターの音楽を完全に自分たちの響きとして消化吸収し、それを思い切り発散している。

これは指揮者とオーケストラの、ある意味では理想的な形であろう。

それに、オーケストラ全体の明るめの色調もこの曲にはふさわしい。

それにしても凄いのは第4楽章だ。

恐ろしいくらいの超スピードなのだが、フルトヴェングラーやミュンシュのような暑苦しさや危険なスリルというものはなく、ひたすら爽快である。

このときワルターは77歳だったが、、それを考慮すると信じがたい若々しさである。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:40コメント(4)ブラームス | ワルター 

コメント一覧

1. Posted by えいねん   2011年04月17日 18:44
4 こんにちは。弊ブログにトラックバック頂戴しました。ありがとうございました。恐るべき知識量に驚嘆致しました。今後こちらにも、立ち寄らせていただこうと思います。宜しくお願い致します。m(..)m
2. Posted by 和田   2011年04月17日 20:22
えいねんさん、コメントありがとうございます。
お褒めに与かって光栄です。
これからもよろしくお願いします。
3. Posted by 小島晶二   2020年12月06日 09:27
4 ブラームス交響曲第2番の名盤選びの様な趣になっていますので,私の個人的な好みについてお付き合い下さい。ワルター/NYフィルの演奏は洗練されたディティールが美しい秀演ですが,終楽章を疾風怒濤の様な速度で駆け抜けるのがワルターらしくないといつも思っています。音楽が空回りしている様で,或るブラームス党の評論家がヒステリックと評していたのも納得できます。同コンビのモーツァルト25番でも同様な感じを受けました。ワルターの演奏では後年のステレオ盤の方が無難ではないでしょうか。モノラル盤ではワルターよりフルトヴェングラーの方が上質だと思います(シューリヒトとクナパーツブッシュの演奏は未聴)。ステレオ盤ではモントウー/ロンドン響の演奏が人気がある様で,こちらはテンポが妥当で録音もCDで良くなった気がします(私はLPで所有していました)。ただ第1楽章のテンポの揺らぎは不自然な感じが付きまといどうしても馴染めません。ザンテルリンクとチェルビダッケも捨て難い魅力がありますが,録音を含めて秀逸とまでは言えない気がします。私のお薦めはLP期のハイティンク/コンセルトヘボウ盤で,若い頃のハイティンクの温かみのある抒情性に感心しました。意外な拾いものはマズア/ゲバントハウスのライヴ盤です。イギリスで全曲演奏会をした際の2番が最も上出来でした。このライヴはCD化されていないと思うので,1989年ベルリンの壁崩壊寸前のライヴを推します。ところで,以前話題に上がったジュリーニ/ウィーンフィル盤はどうなりましたか。
4. Posted by 和田   2020年12月06日 12:30
モントゥー盤はもうひとつピンときません。テンポがわずかに速すぎるのか、オーケストラの響きに含みがないのか、どうも判然としません。そこで定評のあるシューリヒト/ウィーン・フィル盤、ワルター/ニューヨーク・フィル盤を再度熟聴してみました。ともに1953年のモノーラル録音なのが玉に瑕とはいえ、シューリヒト盤は、あるときは光彩陸離、あるとき神韻飄々、まことにもって変幻多彩です。緩急自在にして感興おもむくままの棒にウィーン・フィルも乗りに乗り、濃厚なロマンの世界を堪能させます。これに比べると、モントゥーは好々爺の演奏で、テンポの動きも即興の妙というより予定調和的で、シューリヒトの名人芸にあらためて感服しました。ワルター/ニューヨーク・フィル盤もきわめてロマンティックな演奏ですが、相手がニューヨーク・フィルということもあって終楽章の昂揚など確かにご指摘のようにかなりヒステリックにきこえますね。なお、ステレオ盤では夕映えの味を感じさせるザンデルリンク/ベルリン響盤が一頭地抜いています。もっとも私が愛してやまないのはジュリーニ/ウィーン・フィル盤ですが。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ