2011年05月04日

リパッティのバッハ:ピアノ協奏曲第1番、リスト:ピアノ協奏曲第1番、バルトーク:ピアノ協奏曲第3番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



気高さとは平民に対して貴族にそなわった属性だが、演奏でも気高さを表出することができるのだろうか……。

リパッティの誰かのレコード評にあった「貴族性表出」への、筆者の疑問であった。

さっそく彼のディスクを買い求めた。そして、脱帽した。

こうしてリパッティはハスキル、田中希代子とともに、筆者の愛するピアニストの1人となった。

これ以後も多くのピアニストの演奏に接したが、筆者の気持ちは変わらない。

ピアノは打楽器であり、だからか鍵盤を叩き付けるピアニストは多い。

そうした打鍵を、筆者は好まない。

ピアノの演奏は、手でなく、指が行う。そして、10本の指は対等の役目を担う。ひとつひとつの指の奏でる音が、はっきりと聴き取れるのだ(という錯覚を与えてくれる)。

理想を言えば、それぞれの指に、ひとつひとつ思想に裏打ちされた行動が要求されるのである。

田中もハスキルも、そしてリパッティもこの要求を満たしている。

さて、このディスクはリパッティが遺した数少ない協奏曲録音の一つで、彼が亡くなる少し前の演奏だが、死の影は全く感じられない。

リパッティのタッチは明快で弾力に富み、ひとつひとつの音が美しい余韻を残す。

それが豊かなエネルギーに結びつくとのびのびした開放感を、繊細な感情を表現する時にはみずみずしい潤いをもたらす。

テクニックも抜群だが、決してヴィルトゥオジティを指向せず、彼の解釈と一体になって演奏を支えている。

高貴で人間的な魅力に溢れた演奏は、これら3曲の最良の演奏と言えるのではないだろうか。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:00コメント(0)トラックバック(0)リパッティ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ