2011年05月30日

クリュイタンスのオッフェンバック:ホフマン物語


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クリュイタンス盤は、ゲッダ、ダンジェロ、シュヴァルツコップ、デ=ロス・アンヘレス、ロンドンなどの名歌手たちの持ち味を活かした大時代的、幻想的ロマンを感じさせる名盤である。

クリュイタンスは、この大時代的なシューダン版を用いながらも、少しも鈍重にも冗長にも陥ることなく、全てほれぼれとするばかりの美しく洒落た音楽を生み出している。

そのギャラントな味わいと、洗練された美感は、CDの鮮明な音の中に甦っている。

この成功は一にも二にもクリュイタンスの精妙をきわめた指揮の功績である。

彼の洗練された感覚と素晴らしい劇的な表情が、このオペラの逸楽ムードと美を余すところなくとらえているばかりでなく、作品により大きな風格を与え、オッフェンバックの音楽の脆弱ささえ救っているのは驚くばかりである。

クリュイタンス盤の描き出す夜は官能的で暖かく、怪奇性は減退している。

そのため全体は饗宴のような豪華絢爛とした夜の雰囲気に包まれている。

3人の恋人がそれぞれ声質の異なった歌手に割りふられていることもそれにあずかっていよう。

豪華なキャスティングも素晴らしく、ゲッダのみずみずしいホフマンを始め、各歌手の持ち味も十分に生かされている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:16コメント(0)トラックバック(0)クリュイタンス | シュヴァルツコップ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ