2011年05月31日

朝比奈&新日本フィルのベートーヴェン:交響曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



朝比奈隆は、永年にわたり関西を中心に指揮活動を行なう傍ら、40年以上も前から度々ヨーロッパに足を運んで現地のオーケストラを指揮する活動を続けており、ベートーヴェンの解釈では本場のヨーロッパでも高い評価を受けていた。

このCDからも、その成果は十分に窺い知ることができる。

朝比奈らしい素朴さがあるが、音の透明度は高く、細部もよく彫琢されている。

造形も端然としてゆるぎがなく、ライヴ録音のためか次第に感興が高揚するのもよい。

しっかりした曲の構成、重要なパッセージでのテンポの運び、強弱を含めた一つ一つの音符の処理など、どれをとっても立派でさすがである。

オーケストラの音色に注目すると、新日フィルの各パートの音色は、どれをとっても華麗である。

比較的楽器の種類が少ない初期の交響曲においては、この音色がベートーヴェンの音楽美を引き出すのにプラスの作用をしている。

広々としたテンポ、大編成のオーケストラによる恰幅の良い響き、スケールの大きい堂々とした造型、悠々として迫らぬ威厳と立派な男性美、情報量の多さはこの指揮者の独壇場といえよう。

現代の流行から超然として、分厚くも情熱的なベートーヴェン像が追究されており、スコアへのアプローチはオーソドックスだが、出てきた結果は個性的という、朝比奈独特のスタイルがここにある。

このスタイルでは他の追随を許さず、もはやこのように巨匠的風格を持った指揮者は、ほとんど存在しなくなった。

全体に、重厚で力強く、スケールが大きい、極めて充実度の高い、感動的な秀演だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:33コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | 朝比奈 隆 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ