2011年12月28日

ゼルキン&クーベリックのベートーヴェン:ピアノ協奏曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



第4番はゼルキン&クーベリックによるベートーヴェン全集のベスト・ワンといえる。

音楽自体の深みと録音当時(1977年)のゼルキンの芸風がぴたりと一致。

曲のすべてを知りつくした大家の心境をつづってゆく第1楽章など、その沈んだ雰囲気や内省の心が極めて感動的である。

第3番でのゼルキンのピアノはより19世紀風であり、人間味が濃い。

それは第1楽章に最も反映しており、第2主題の大きなテンポの落とし方や、ルバート奏法は現代では珍しい。

展開部冒頭の内省的な動きも特徴だ。

「皇帝」でのゼルキンは、きらめくタッチの外面的な美しさを充分に持ちながらも、ためらいがちのルバートや感じ切ったディミヌエンドなどを随所に配し、極めて味わいに富んだ音楽としている。

第2楽章は弱音効果によって、心のこもった表現になっている。

第3楽章は主題の緩急自在な語りかけ、左手がものをいっていることなどにゼルキンの内容的な弾き方が集約されている。

第1番と第2番でのゼルキンは初期のベートーヴェンを意識して何気なく進めていくが、遅めのテンポや十分な間の感覚が見事で、いずれもフィナーレが印象的である。

合唱幻想曲も美演。タッチの冴えたピアノがベートーヴェンの魅力を最大限に発揮している。

クーベリックの指揮も音楽的充実度が抜群で、優秀な音楽性が匂うようだ。

デリケートなニュアンス、内声の充実感など素晴らしく、バイエルン放送響も大変うまい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:56コメント(4)ゼルキン | クーベリック 

コメント一覧

1. Posted by 小島晶二   2021年08月23日 10:15
4 確かに4番はゼルキンの人柄が滲み出た秀演。クーベリックのバックもゆったりとした温か味が有り秀逸。1977年のライヴ盤らしいのですが,シェルヘンのベートーヴェン同様,私が離日した後で発売された板起こし音源だと思うので,この全集は知りませんでした。4番はLP期に後年小澤と組んだセッション録音のディスクを持っていました。その演奏の方がシャープで透徹感が有る快演でしたが,本演奏の方に私は惹かれます。
2. Posted by 和田   2021年08月23日 10:26
「真実一路」という言葉があります。21世紀を迎えた今日にあってはあまり声高に語られることも少なくなってしまった言葉ですが、R・ゼルキンというピアニストを語るには、この言葉がなによりもふさわしいと思います。ここにきくベートーヴェンの協奏曲においても、彼のひき出す音はグラマラスな魅力をもっていたり、やわらかな美しさをもっているという類のものではありません。しかし、その音は真実なるものを求めてやまないような一途な姿勢に貫かれており、きく者の耳に喰い込んできます。真面目であるということが必ずしも最高の評価を受け難くなりつつある今日の精神状況にあって、R・ゼルキンのような存在は逆に大きくクローズ・アップされてしかるべきでしょう。
3. Posted by 小島晶二   2021年08月23日 22:16
全く同感。彼のベートーヴェンソナタ,アバドと組んだモーツァルトピアノ協奏曲集そしてセルと組んだブラームス協奏曲は何れも寂寥感の中に潜む孤高の真摯さを感じます。
4. Posted by 和田   2021年08月23日 23:33
アシュケナージが尊敬するピアニストとして挙げていたようにR・ゼルキンはピアノ界の最大のビッグ・ネームでした。しかしながら、その存在のしかたとでも言うべきものは、かなりユニークでした。彼は、他の大家たちと比較して、決してとび切り美しい音色を誇るというタイプではありません。また、テクニックが傑出しているというのでもありません。その語り口も洗練されていて、滑らかというのではなく、どちらかというと、不器用な感じで、ゴツゴツとしています。ただ、彼はひたすら誠実な姿勢で、曲想の核へと鋭く、深く踏み込もうとしてやみません。表面上の美しさなど多少犠牲にしても、彼は音楽の抜き差し難いような真実を絶えず追求しています。その一途さが、聴く者の心を強く打つのです。そして、こうしたR・ゼルキンのような存在を最高の位置におきえてきたことこそが、西洋のクラシック音楽界の奥の深さであり、意義深さであると言えるでしょう。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ