2011年06月24日

クライバー&バイエルン国立管の1996年10月ミュンヘンでのライヴ


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



クライバー66歳の時の録音だが、これはもう圧倒的で、燃え盛る炎のような激しい演奏だ。

最初に聴くときは、誰だって自分が何を感じているのか確かめる間もなく最後までいってしまうだろう。

クライバーは、よく考え、綿密に計算し、細かいところまで決め、解釈を決定しているに違いないが、それは棒を振り下ろす前の話だろう。

始まるや否や、そうした解釈は、進行する演奏の後についてくる。

周知のように数少ない録音しかないのにもかかわらず、クライバーの人気と実力は"大指揮者"並みの評価が与えられている。

主流であるはずのベートーヴェンやブラームスでさえ残された録音は数曲に限定される。

このブラームスの交響曲第4番はその稀少な演奏の一つだが、何という壮大さと壮麗さなのだろう。

聴き手はその懐の深さと雄々しいダイナミックさにたちまち引き込まれていくに違いない。

そういう意味でクライバーのブラームスは、誰にも追いつけないくらい速い。

どこかに聴き惚れていると、既に次の主題が現れていて……という具合。

今、まさに音楽が生まれ出てくるように、というのは陳腐な言い方なのだけれど、それがクライバーのブラームスには、ちっとも陳腐じゃなくなる。

バイエルン国立管弦楽団のいささか過熱気味の表現とソノリティにも興奮させられる。

厚みのあるブラス、十全に弾き切った弦、そして要である引き締まった打楽器など、これを凌駕しうる演奏など今後も現れそうにない。

しかもひとつのフレーズや響きまでスコアの読み深さをうかがわせるクライバーの表現は、精妙さの極致と言えるのだが、音楽の流れと表情はあくまでも自然であり、もし完璧な演奏があるとすればこれはその典型だろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:05コメント(0)トラックバック(0)クライバー  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ