2012年01月04日

ミュンシュ&ボストン響のベルリオーズ:幻想交響曲(1954年盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ミュンシュが最も得意とし、名刺代わりのように世界各地で演奏した「幻想交響曲」の古典的名盤。

ライヴも含めると6種類の演奏がCD化されているが、その中でパリ管弦楽団との1967年盤に匹敵する熱気を孕みながら、アンサンブルの充実度で勝るのがこのボストン響との1954年盤で、ミュンシュ=ボストン響の組み合わせによる最初期のステレオ録音の一つである。

この演奏にはミュンシュの最も素晴らしい面があふれている。

音楽がいまそこで産声をあげ、まあたらしい生命そのものの力で動いているという感動に襲われる。

棒はかなり緩急自在だが、オーケストラはまるでもともと自分たちがそうしたかったところを、そう振ってくれたといわんばかりの、自然な動きぶりである。

そのような動きの中に美しい情熱が輝いている。

たとえばモントゥーの「幻想」は、標題交響曲はかくあるべしといった演奏だが、ミュンシュの演奏はまったく正反対で、率直そのもの、テンポも速く、各楽器の特性をあくまで明確に出している。

本当に明快で音楽的な演奏でアクは強くないかもしれないが、第一級の演奏というべきであろう。

ボストン交響楽団のうまさも特筆すべきである。

さらに、この演奏には、テンポの緩急の変化がかなり強く出ているのと、情緒的劇的構成をつくるのが各所にみられる。

それがまた表現を豊かにしている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 21:53コメント(0)トラックバック(0)ベルリオーズ | ミュンシュ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ