2011年06月10日

マルケヴィチのベルリオーズ:幻想交響曲


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



マルケヴィチは、20世紀の大指揮者たちのなかでも特に知匠と言えるひとりであったが、この《幻想》は、彼の知匠としての手腕が大きな成果を実現させたユニークな名演に他ならない。

これは1961年の比較的古い録音だが、ドイツ・グラモフォンのステレオ期最高の録音で、オーディオ・ファイル的魅力も充分にあろう。

これまで出た数多くの《幻想》の中で、これほど個性的でかつその表現に納得させられる演奏も少ないように思う。

たとえば、第1楽章の「恋人の主題」に入るところで、気分的に急いで激しく盛り上げ、その後テンポを落としてラグ的なリズムを強調して優雅な恋人の主題に入る。

しかし、途中で青年がためらうようにテンポを落とすが、再び激しく高揚させていく表現法は、個性的であると同時に見事である。

また、第2楽章では、ワルツに入る部分でテンポを落とし、ウィンナ・ワルツ風なリズムのとり方をしていてまことに優雅な趣がある。

このような表現が至るところに見られ、標題の内容をより具体的に提示している。

そして特筆すべきは、作曲家でもあったマルケヴィチ生来の音に対する特殊な能力とも言うべきもので、その天才性こそ、標題音楽の内容とあいまって、独特の色調で染め上げ、交響曲としての意義の乏しさを補って余りあるものにするのだ。

獲物をじっと見据えるような目と鋭い感性は、ベルリオーズの夢と覚醒の世界を、マティスの絵を思わせる、ある種のエキセントリックな色の組み合わせで描くのだ。

リアルで具体的な標題音楽であるこの交響曲を手がけたマルケヴィチは、巧妙な配慮が光るすこぶる効果的な演奏設計によって、この交響曲のドラマとしての内容を実に鮮やかにリアリゼし、聴き手を飽きさせることのない表現を聴かせている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 05:03コメント(2)トラックバック(0)ベルリオーズ  

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by nao   2011年06月09日 11:42
5 ご紹介くださり、有難うございます。
購入して聴いてみます。
2. Posted by 和田   2011年06月09日 14:11
廃盤にならないうちに、お早めのご購入をおすすめします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ