2007年12月20日

アルゲリッチのショパン:24の前奏曲集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



名演の誉れ高いアルバムである。

音をたてて燃えさかる炎のような演奏で、きわめて情熱的な表現である。

アルゲリッチは女流ばなれした豪快な演奏をしばしば聴かせるが、この《24の前奏曲》も自由奔放な表現で、まことにスケールが大きい。

アルゲリッチが30歳代半ばの録音で、当時の彼女の輝くばかりの感性の煌めきを感じさせる。

全体にすこぶる情熱的な表現で、きわめて即興的な味わいにみちているところが面白い。

しかも全体のまとめがちゃんとついているのが心憎い。

第1番のフレージングはしなやかで絶妙なアゴーギクが艶めかしい情念を醸し出し、第2番や第7番はしっとりとした詩情に満たされる。

そしてまた、第8番の苦悩の揺らめき、第12番の狂おしいばかりのパッション、第13番の恍惚とした夢想の表情や第16番のの躍動感とダイナミズム…。

多彩な色彩やテンポの自然な推移や情念のリアリティは現在の彼女のそれに通じるものがあるが、ピアノに向かう凄まじい集中力や一つ一つの音やパッセージから発散される野性味は、当時の彼女にしかないものだ。

《英雄ポロネーズ》とスケルツォ第3番の雄渾にして骨太の表現も、有無を言わさず聴き手を圧倒する力を具えている。

その豪放さたるや女流ルービンシュタインかホロヴィッツかと言いたいほどだ。

こんな演奏が出来る女流は、アルゲリッチを措いて他にはいないだろう。

そんなピアニストが、ソロ活動から遠ざかって久しい。一体どうしたのだろう?

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:57コメント(0)トラックバック(0)ショパン | アルゲリッチ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ