2007年12月25日

ルービンシュタイン&メータのブラームス:ピアノ協奏曲第1番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



第1番はルービンシュタインの引退直前の最後の録音のひとつで、メータとの共演、英デッカへの録音共にこれが唯一となった。

ルービンシュタイン最晩年の絶品である。

ピアノの分厚い音色、ごつごつとした豪傑風のリズム、常に自信に溢れた落ち着きは、かのバックハウスにも匹敵し、魂の動きを伝えてやまない。

ブラームスの歌と憧れが聴こえ、本当に宝物のような芸術である。

メータの指揮もまことに巨大で、響きは有機的、細部まで揺るがせにしない音作りは絶賛に値する。

まさに、ピアノ、指揮、録音の三拍子がそろった名演である。

人が老いて行く事。それは寂しい事であり、恐ろしい事なのだろうか。

このルービンシュタインの最晩年の録音を聴くと、そんな不安は消え去る。

演奏としての技術的完成度や造型性を問題とすれば、この演奏に対する批判はいくらでもできる。

第1楽章での序奏部とピアノの開始部分のテンポの落差ひとつをとっても、その事は理解できよう。

しかしここで我々は、ルービンシュタインの温かく優しい、豊かな音楽に対する慈しみの息吹きに出会える。

メータの全身全霊を傾注してのバック・アップと共に、この「人類愛」としか呼ぶ事のできない偉大な精神の営みは、形而下的なあらゆる事象を超越して我々の心を至福の彼岸へと誘ってくれる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 22:30コメント(0)トラックバック(0)ルービンシュタイン | メータ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ