2011年07月13日

マタチッチのブルックナー:交響曲第3番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1983年、ロンドンでのライヴ録音である。

マタチッチのブルックナーには定評があるが、これもすごい、そしてまったく独特の演奏である。

これがイギリスの、それも洗練されたフィルハーモニア管かと驚くほどゴツゴツした荒々しい響きだ。

旋律も滑らかには歌われないし、合奏の精度も高くない。

そんな演奏のどこがよいかを言葉にするのが難しいのだ。

響きに異常な表現力がある。第3交響曲の第1楽章がこれほどまでにデモーニッシュに響いた例を筆者は知らない。

大きな音ばかりではなく、時々弦楽器が奏でる弱音がまた異様な力を帯びている。

第2楽章はまったく甘さがない。普通ブルックナーらしい魅力と見なされる、おおらかで牧歌的な雰囲気など微塵もないのだ。

ひたすら峻厳である。まるで同じ作曲家の交響曲第9番のようだ。

13分過ぎからはとくに息詰まるような緊張感である。

この演奏を聴くと、ブルックナーが晩年までこの作品を書き直していたことの秘密がわかったような気がする。

フィナーレは、テンポは速いにもかかわらず、信じられないような壮大さに達している。

ここでもまたオーケストラの響きの濃さに圧倒される。

ともかく一聴に値するライヴ録音である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:28コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | マタチッチ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ