2011年06月18日

M.ヤンソンスのショスタコーヴィチ:交響曲全集


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



以前、マリス・ヤンソンスがオスロ・フィルを振ってのEMIデビュー録音、ショスタコーヴィチ「第5」を聴いて、それは新時代のロシアの指揮者の登場を鮮やかに印象づける演奏だったので、ぜひともこの人で交響曲全集が欲しい、と思っていたら、それが実現した。

あたかも、ロシアをそのままに響かせたような演奏で、音楽的な推進力も力強く感じさせる説得力に富む力演集となっている。

ヤンソンスは8つものオーケストラの特色を存分に活用して、「今、ショスタコーヴィチはこういう曲だ」と言わんばかりの実に入念な演奏を繰り広げている。

贅肉のないクリアな演奏で、現代的なスマートさを随所に感じさせる。

全曲を通じてテンポがよく、そこには適度の内的緊張感もあり、デュナーミクも力強く、音楽のスケールが大きい。

とはいえ、一昔前の"英雄的"解釈はここには微塵もなく、曲の重くダイナミックな側面よりも、叙情や優しさや哀しみが心に広がるページも多い。

派手な演出を避け、純音楽的な節度と洗練を聴かせるヤンソンスのセンスはなかなかのものだ。

ヤンソンスは豊満な抒情性と緊張感を交錯させ、言うべきことを言い尽くした説得力が生まれている。

鮮烈な効果に富んでいる作品では、スリムに肉付けした上、その中に彼自身の思いを注ぎ込んで聴き手を納得させ、魅了する。

音楽を歌い上げる息の長さが、やはりロシアの指揮者ならではのスケールを感じさせる。

ショスタコーヴィチ先生も、ちょっと苦笑しながらもこういう演奏が好きなんじゃないかと思う。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:01コメント(0)トラックバック(0)ショスタコーヴィチ | ヤンソンス 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ