2008年01月16日

ショルティの『ワーグナー名演集』


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ワーグナーのスタンダード曲を集めた名演である。

ショルティのワーグナー演奏については、あの1958年から65年にかけての《ニーベルングの指環》の全曲録音ひとつによっても、他に比肩するもののない業績の豊かさを思わせている。

そこにある完璧ともいえる音楽分析と深い理念に裏づけられたワーグナー観は、彼が常に最も信頼し得るワーグナー指揮者のひとりであったことを疑わせる余地はない。

ここでの曲目は、前奏曲と序曲を中心としたものであるが、ショルティにとっては、それらがコンサート・レパートリーであると同時に、完全に手中にしているオペラ・レパートリーの一部であるということが、その演奏の内容をいっそう確かなものとしているし、シカゴ交響楽団とウィーン・フィルというふたつのオーケストラによる演奏をまじえたものであっても、ショルティの掌握の度合いに何らの違いも見られない。

《トリスタン》が非常に名演である。

冒頭の哀切なピアニッシモからして心惹かれるが、木管の透明さと弦の粘着力を両方相持ち、この曲の世界を的確に描き上げていく。

スケールの大きな《タンホイザー》と押し出しの立派な《ニュルンベルク》もショルティの長所がよくあらわれた見事な演奏だ。

他の曲もきっちりとした整然たる表現になっている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 18:41コメント(0)トラックバック(0)ワーグナー | ショルティ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ