2011年06月26日

イーヴォ・ポゴレリチについて


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



世界の音楽コンクールは様々なドラマを生み出す舞台でもある。

優勝者に栄光の座が用意されているのは当然としても、ほんのまれには「優勝しなかった」が故に思いがけないような脚光をあびるようになる者もいないわけではない。

ピアニストのポゴレリチは、そのような存在のひとりである。

1958年ベオグラードに生まれた彼は、22歳の折、ショパン・コンクールの予選で落選してしまった。

ところが、そのときの審査員のひとりであったアルゲリッチが、予選の審査に抗議して審査員を辞任するという出来事があったため、逆にポゴレリチの名前が大きくクローズアップされる結果となっていったのである。

それ以降、彼はどこかスキャンダラスで、反逆的なイメージをただよわせるようになっていく。

彼が「衝撃的なデビュー」をしてから30年以上たった今日においても、そのイメージは本質的にはあまり変化していないといえよう。

各種ディスクに、また演奏会にきくポゴレリチの演奏は、じつに大胆不敵な性格だ。

たくましい打鍵、思いきったダイナミクス、思いがけないような濃厚な表情づけなどによって、曲想の奥深くへと、グイグイと突き進んでいく。

その進行のしかたは、ときにスリリングでさえある。

50歳代に入った彼が、今後、これまでの大胆不敵さを堅持しながら、どのような成熟を示していくのか、大いに注目していきたいところだ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:12コメント(0)トラックバック(0)ポゴレリチ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ