2012年01月25日

アバド&ベルリン・フィルのマーラー:交響曲第9番(1999年ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



アバドがベルリン・フィルと組んだ近年の一連のライヴ録音のひとつ。

第3、7、9番と続けて発売されたアバドとベルリン・フィルのマーラーは、このコンビの到達点の高さと同時に1999年当時の録音技術の最高水準を示している。

特に第9番に感動するのは作品の完成度と性格にもよるが、演奏も凄い。

ベルリン・フィルの雄弁さと、"巨匠"への道をゆっくりと歩みつつあったアバドの音楽性が一体となった演奏。

アバドはこの曲で強い自己主張を示している。

鋭い感覚で、アゴーギクとデュナーミクを自在に駆使している。

作品の性格を的確に把握したとも言えるが、なによりも旋律線が芳醇なのがアバドらしい。

ベルリン・フィルといえどもこれほど精度が高く緊張感をたたえた演奏はアバド以外では不可能だろうと思わせるほどで、かつてないような広いダイナミック・レンジと透明度の高い響きで完璧な表現を聴かせる。

奇を衒うことなく正攻法を進んだ指揮者が練り上げた現代のマーラー演奏のひとつのひな型とも言うべき諸要素を兼ね備えた秀演である。

かつてのロンドン響との来日時など、アバドのマーラーの演奏に直に触れたむきも多いだろうが、ここでは、徐々に"自らの道"を固めつつある指揮者の姿と、ライヴの求心力にも目を向けておきたい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:57コメント(0)トラックバック(0)マーラー | アバド 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ