2011年07月01日

ノイマンのマーラー:交響曲第6番「悲劇的」(新盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



このノイマン晩年のマーラー新録音はバーンスタイン以後のマーラー演奏における最大の収穫であろう。

力づくではないのに音楽の意味が心に痛いくらい迫り、各楽器のさばき方はまるで魔法を見るようだ。

オーケストラの美感と雄弁な表現力、それを如実にとらえた録音も最高!

ノイマン最晩年の2度目のマーラー全曲録音計画が未完に終わったのは返す返すも残念。

せめても7曲が録音されたのは救いで、特にこの「第6」は恐ろしくレヴェルが高く、チェコ・フィルも好調。

ノイマンのマーラーには、野の花のような自然な生命が息づく。

ドヴォルザークとマーラーとのあいだに意味ぶかいアーチが架かる。

あえて名付ければボヘミア様式のマーラー。

マーラーの音楽のなかに多様に含まれる土着的な民謡あるいは歌謡的要素を大切にして、つねにそれらを心をこめてしみじみ歌う。

だが歌に溺れない。

音楽のフォルムは峻厳なまでに端整でしっかりとしている。

この静かな偉大さ。

ことに最後の録音となった「第6」(と「第9」)の孤高の境地は驚異的だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 00:20コメント(0)トラックバック(0)マーラー | ノイマン 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ