2011年11月09日

ムラヴィンスキー&レニングラード・フィルのチャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」(1975年来日公演)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ムラヴィンスキーの《悲愴》は、第5番の録音の多さに比べるとはるかに少なく、意外である。

このディスクは、1975年の東京公演におけるライヴ録音で、そのためかこの演奏の緊張した凝集力と迫力は凄まじいものがある。

しかも感性の豊かさ、精妙をきわめたアンサンブルの見事さは比類がなく、カラヤンの最後の来日公演盤と並び、あらゆる《悲愴》の頂点におかれるべき名演である。

もちろん、一分の隙もない厳しさをもっているが、それが作品のシリアスな側面を否応なく表現しており、その意味では、これに匹敵する演奏はトスカニーニくらいだろうか。

全4楽章とも、これ以外は考えられないほど的確なテンポである。

デュナーミクも精緻そのもので、曲の冒頭から短い動機のひとつひとつにも絶妙な表情が与えられ、それらが強靭な織物のように組みあげられている。

そこに鮮やかな立体感があるのも、この演奏の大きな特色である。

チャイコフスキーが記した音符のすべてに意味があり、存在理由があることを、ムラヴィンスキーの演奏からは、誰もが理解することが可能である。

しかも、あらゆる部分に瑞々しい創意が息づいている。

それが新鮮さの原動力といえるが、第1楽章の展開部や第3楽章のコーダは、まさにあらゆる聴き手を圧倒する。

それは音量などに依存しているのではなく、内面の凄絶な緊張感から生み出されたものである。

生々しい臨場感のある録音も相俟って、《悲愴》といえば、まずこの演奏を聴く必要があろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:33コメント(0)トラックバック(0)チャイコフスキー | ムラヴィンスキー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ