2011年07月20日

ムラヴィンスキー&レニングラード・フィルのブルックナー:交響曲第9番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1980年1月29、30日 レニングラード・フィルハーモニー 大ホールにおけるライヴ録音。

この曲は途方もなく深遠で純粋であり、人の気配をまったく感じさせない神秘がある。

多くの演奏はその風景の中に何がしか余計なものを混入させたり、濁らせたりしている。

この演奏は音質が渇き気味であり、しかも金管楽器が剥き出しのバランスなど、聴感上の違和感がないとはいえない。

だが、曲の核心にどれだけ近づいているか、それをふと思った時、この演奏はがぜん浮上してくる。

伝統や慣習にまったく縛られない新古典主義的な表現である。

抑制がきいた緊張度の高い、筋肉質の響きを持っており、各パートの水平的、線的な動きが目立っている。

楽器のバランスも個性的で、金管の鋭い音色は、ロシア風の荒々しさを持つが、全体的に音楽的な密度は高く独特な説得力を持つ。

ムラヴィンスキーならではの力演である。

なお、旧ビクター盤のCDは第3楽章の155小節が唐突に始まるが(編集ミス?)、このALTUS盤ではそれがない。

ここは全曲中でも最も重要な場面のひとつなので、この修正がなされたことはたいへんに嬉しい。

ムラヴィンスキーのブルックナーは少ないだけに貴重な録音だ。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:49コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | ムラヴィンスキー 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ