2011年08月01日

メータの「トゥーランドット」(旧盤)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



いろいろな点で《トゥーランドット》の常識的な再現の枠を破ったユニークな、そして興味深い演奏だ。

メータは1998年にも録音しているが、1972年盤のほうが好ましい。

まず豪華な配役それぞれが名声にかなった歌いぶりを示しているのが強み。

パヴァロッティの情熱的なカラフと、カバリエの美声を十分に生かしたリューが聴きもので、声の質からいって一見向かなそうなサザーランドがタイトル・ロールに挑戦して、氷のように冷たい心が愛に目覚めて溶けてゆく過程を、CDで聴くおそらく他のどのドラマティック・ソプラノよりも人間味豊かに演じて聴かせる。

特にサザーランドとパヴァロッティが持てる力を出し切って歌っており、第1幕、第3幕も総じて立派な演奏だが、ことにトゥーランドットが謎をカラフに提示する第2幕第2場が圧巻。

ふたりの輝かしい歌声が鋭い緊張感を生み出している。

さらに中国皇帝にピーター・ピアーズが起用されるなど、脇役陣と合唱の充実ぶりも目立った。

またメータの力強く堂々としたまとめぶりも大いに称えたい。

メータの指揮は、多彩なオペラティックな効果より、むしろ作品をマーラー演奏に共通するような豊麗でシンフォニックな表現の中にすべてを包み込むが、それでも和声の色彩感の鮮麗さ、旋律とカンタービレの強靭さ、ダイナミックな起伏の設計の巧みさなど、プッチーニの音楽の根本的な要求は十分に満たしている。

そして他盤に比して一段とスケールが大きく、彫りの深い造形から生まれるパセティックな感動は比類がない。

ACC、ADF、エディソン賞などを受けている。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 01:30コメント(0)トラックバック(0)プッチーニ | メータ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ