2014年06月17日

シューリヒト&シュトゥットガルト放送響のブルックナー:交響曲第8番、第9番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「第8」の演奏は、まったく奇跡的なものである。

速めのテンポこそ「第7」と共通するが、あの枯淡の境地とはまったく異なり、ここでのシューリヒトは全身を火の玉と化して、圧倒的なパワーで全曲を駆け抜ける。

第1楽章は、ひとつの細胞が誕生したように始まり、分裂と生成を繰り返しつつ、徐々に巨大な音楽に成長する。

第2楽章は、原始的な生命のリズムが鼓動し、第3楽章は天国の花園だ。

第4楽章は、疾風の勢いだ。

あたかも剣の達人が数百人の敵をなぎ倒しながら駆けるが如く。

そのエネルギーが尋常ではないのだが、決して破れかぶれではなく、常に頭脳は明晰に冴え渡っており、音楽の運びは理知的で、道を踏み間違えるときがない。

「第9」は美しい夕映えのような演奏である。

第1楽章の開始から、聴く者の魂は遥かな宇宙へと連れ去られる。

第2主題では、夕映えに照り映える水面のように、色と光を刻々と変化させ、この彼岸と此岸を行き来するような無常感は、ひとつの魂が赤々と燃えながら天に召されるようなコーダまで尽きることがない。

第2楽章は、厳しい精神の舞踏であり、第3楽章こそは、黄泉の国を逍遥する魂の歌だ。

ついに魂は、神と出会う。何という歓喜、何という安らぎ!

ブルックナーの死によって完成されなかったフィナーレでは、全能の神への賛美が、峻厳な対位法を伴って高らかに謳われるはずだったのだが……。

このような作品の本質を、これほど伝えてくれる演奏は他になく、今後もそう簡単には現れないだろう。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 23:06コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | シューリヒト 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ