2011年07月15日

クーベリックのマーラー:交響曲集(ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。

   

近年、独アウディーテよりクーベリックのライヴが多数発売されるようになり、「クーベリックの本領はライヴにあり」という声をよく耳にするようになった。

このマーラーのライヴ音源集(「第4」は含まれず)のうち特筆すべき演奏は、「第3」「第5」「第8」「大地の歌」の4曲だ。

「第3」は、まるで屋外コンサートを聴くような気持ちのする演奏であり、録音である。

どこまでも気宇壮大ながら、風通しの良いサウンドが心地よい。

テルツ少年合唱団の歌声が、至純なあまり心が痛いほどである。

これは内に向かうスタジオ盤より断然素晴らしい。

「第5」は、「ライヴのクーベリックは違う!」を高らかに宣言したような燃えに燃えた凄演。

まず1枚聴くなら、これだろう。

「第8」もライヴの長所が生きている。

「第3」同様に風通しの良い音で、この作品の宇宙的なスケールを的確に伝えてくれる。

シェルヘンのような破天荒なパワーは望めないけれど、コーラスの出来映えもしっかりしており、同曲のステレオ録音では筆頭に掲げたい。

「大地の歌」は、全集に加えられなかった作品だけに貴重な音源である。

1970年の録音というのは全集録音の期間中であり、スタジオ録音を念頭に置いた演奏会であったと考えるのが普通だろうか。

一体どんな事情が、スタジオ録音を妨げたのか(歌手との契約の問題かも知れない)。

テノールのクメントも及第点だが、時おり心よりも声を思わせるのが惜しい。

その点、アルトのベイカーは人生を歌ってくれる。

クーベリックの追求度、集中力はここでも申し分ない。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 03:20コメント(0)トラックバック(0)マーラー | クーベリック 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ