2011年08月06日

カーゾン&クナのベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番、第5番《皇帝》


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



カーゾンの面目躍如たるベートーヴェンだ。

ひとつひとつの音を明瞭に積み重ね、全体像を築き上げていく。

カーゾンの洗練された《皇帝》は、フィナーレの繊巧さにおいてほとんどモーツァルト風といっていいが、内面的な知性と集中力の凄さをそなえている。

ピアノ・パートとオーケストラ・パートの和声・旋律の呼応が自然に浮かび上がり、マッチョ・スタイルのエネルギッシュな《皇帝》では決して出会うことができない音風景が展開する。

クナッパーツブッシュの風格ある指揮が立派で、時にハラの探り合いのようになるのが楽しい。

クナッパーツブッシュの雄大ではあるが重苦しくはないオーケストラを堂々と鳴らし切ると、やおらカーゾンの輪郭明瞭でクリスタルのような音のピアノが流れ出す。

音楽美学も録音への姿勢も異にすると推察される2人の協演はしかし、不思議に調和して濃密な音楽的時間を紡ぎ出していく。

聴けば聴くほど2人(+オケ)の交わりの面白さを堪能できる。

"頭脳と腹との対話"のような両端楽章も充実しているが、白眉は緩徐楽章。

カーゾン・タッチの極致にウィーン・フィルの柔らかな管が絡み、じっと聴き入るクナッパーツブッシュの気配がいい。

クナッパーツブッシュの指揮は一見ぶっきらぼうのように聴こえるが、ソリストをサポートする温かい人間味が秘められている。

ステレオ初期の録音だけに、ハイ・レンジはいささか息苦しいが、観賞に耐える復刻である。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 04:04コメント(0)トラックバック(0)ベートーヴェン | クナッパーツブッシュ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ