2011年11月25日

クナッパーツブッシュのブルックナー:交響曲第8番(ウィーン・フィル)&第9番(ベルリン・フィル)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



「第8」は1961年、「第9」は1950年、いずれもライヴ録音。

「第8」は、ウィーン・フィルの色彩感あふれる音と芳醇な弦に魅了される。

それは筆者がこれまで抱いていたクナッパーツブッシュの「ブル8像」を粉々に打ち砕いてしまった。

繰り返し聴くたびに、虜となっていく自分を発見するのである。

この虚飾のまったくない音を聴いていると、自分がひとり砂漠に立って、夜空を見上げるような寂寥感、ただひとり宇宙に投げ出されたような孤独感を覚えずにはいられない。

そして、その孤独にじっと耐えるクナッパーツブッシュの偉大な魂を想うのである。

さらに、この演奏は、キリスト教徒でない筆者にすら、偉大なる造物主の存在を確信させずにはおかない。

そして、これこそ「クナのブル8」の本質ではないだろうか。

「第9」は、一般に普及している原典版ではなく、ここではレーヴェ編曲の改訂版が用いられている。

クナッパーツブッシュの解釈は、濃厚な表情で演奏しており、これはブルックナーの様式とはやや異なる表現だ。

とはいえ音楽のスケールはすこぶる大きく表情にコクがあり、ゆっくりめのスケルツォに続いて、最後のアダージョは神秘的な恍惚の世界だ。

クナッパーツブッシュの指揮のもと、ベルリン・フィルの精鋭たちも、このときこそとばかりに全員が奮い立ってブルックナーを奏でているのが聴きとれる。

改訂版を採用した演奏はクナッパーツブッシュ盤のみなので、貴重な録音といえる。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:38コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | クナッパーツブッシュ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ