2011年07月27日

ヨッフム&バンベルク響のブルックナー:交響曲第8番(1982年来日公演ライヴ)


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



1982年9月15日、NHKホールにおけるライヴ録音。

ヨッフムのブルックナーの交響曲に対する愛着は、既に1960年代にベルリン・フィルとバイエルン放送交響楽団とを指揮して完成した全集と、1970年代後半にドレスデン国立管弦楽団を指揮した全集に表れている。

この来日公演盤では、それがいっそう深いところで集約され、結実しているといってもよいであろう。

オケの響かせ方がブルックナーの法悦そのものであり、心のこもり切った表情、奥行き、厚みも見事。随所で音楽の箴言を伝えている。

作曲家独自の生成と高潮とが交替する作品の構成を、いっそう純化し、明確化して、曲に見通しのよさを与えている。

オーケストラの響きは、彼らの最上のものとなって潤いと落ち着きを持った表現をみせ、そのバランスの整えられたアンサンブルは、オルガニスト、ブルックナーとの結びつきを示唆している。

だがここで何よりも見逃せないのは、既に80歳を迎えていたヨッフムの音楽家としての円熟であり、しかもなお一向に衰えをみせぬ情熱と、美への献身であろう。

ヨッフムは要所を着実に押さえ、音楽を少しも飾ろうとせず、柔軟に流動させる。

いつかいかなるときにおいても、ヒステリックになることなく、素朴な、しかも晩年に入った野人ブルックナーの心境をはっきりと描き出す。

冒頭の主題形成からして実に鮮やかで、重力から開放されたような趣がある。

なかでも抒情と清浄さをみなぎらせた第3楽章は、充実した出来映えだ。

ヨッフムの作品に対する確信と愛着の念が素直な容姿の音楽を生み出している。

鮮明度の点では遜色を否めないが、音楽的な質は至極高い。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:55コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | ヨッフム 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ