2011年08月07日

ジュリーニ&ウィーン響のブルックナー:交響曲第2番


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ジュリーニ&ウィーン響の「ブル2」は筆者にこの曲の魅力を教えてくれた懐かしい演奏である。

なんとも詩情豊かな、洗練されつくした名演で、しかも生命感の希薄さとは無縁の内面の充実がある。

第1楽章から無用なものが一切なく、純粋に書法だけを音に変えた美しさが漂い出ている。

ジュリーニはブルックナーの音楽に誠実に奉仕し、自己の風格をその中に自然に反映させている。

ジュリーニのブルックナーへの傾倒を、ことごとく凝集したかのような演奏であり、豊かな洞察力と分析を背後に秘め、内的な共感を率直に反映しながら、みずみずしい音楽を歌う。

全体に優美で柔軟な味わいを持ち、第2楽章は内省的な味わいが濃く、テンポも無理なく比較的自由に動き、流麗な音楽を作っているのもジュリーニらしい。

特に後半の2つの楽章では、精妙なアンサンブルが壮麗な音楽を響かせ、劇的な表情を駆使できるところでさえ、あくまでも格調高く、高貴な品格を弱めることはない。

第3楽章のスケルツォの堂々とした風格、トリオの素朴な美しさ、終楽章のしっとりとうるおいを持った表情も印象的。

沈静と高揚、繊細と壮大といった対極的表現や、楽想の転換による音楽的途絶感の処理に、極めて綿密な注意を払った演奏だ。

やや官能的な快さまで含んだ表情の奥行きの深さには、柔軟な手つきで手操るジュリーニの確かな手腕がある。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 04:06コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | ジュリーニ 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ