2011年08月13日

アーノンクール&コンセルトヘボウのブルックナー:交響曲第4番「ロマンティック」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ブルックナーがロマン派と隔絶した音楽であることを、最初に示してくれた記念碑的演奏である。

トロンボーンなどに旧式の楽器を使用し、現代的な意味での重厚感とは無縁なので、肉体的な物足りなさを覚える人がいても不思議ではない。

しかし、ブルックナーの音楽が、パレストリーナ以来のポリフォニー音楽からの伝統を受け継いでいることを知るのも、もうひとつの魂の愉悦である。

バロック音楽に精進していたアーノンクールがブルックナーに心惹かれるのは自然なことだ。

響きは湧き出る泉のように清廉であり、同時進行するエピソードのすべてが多層的に鳴り響く。

これぞ、ポリフォニーの神髄。

そこに木霊するのは、天上の木々のさざめき、花々のそよぎ、宇宙の鼓動そのものだ。

どうか、アーノンクールの瑞々しさを味わって頂きたい。

アーノンクールはブル4に、コンセルトヘボウ管を選んだのは正解だった。

ここでのアーノンクールはオーケストラに厳格なまでにスコアに従うように要求する。

デュナーミク、アーティキュレーション、クレッシェンド、ディミヌエンド…。そのこだわりは神経症的といえなくもない。

しかしそれは同時に、驚くほど豊かな情感に満ちた演奏でもある。

細部にこだわればこだわるほど、より一層緻密で多彩な情感が得られるものなのかもしれない。

金管の鳴らし方が独自だが、アゴーギクなどは伝統的な解釈を見せている。

重くならないフレージング、弱音で弦のヴォリュームを絞ることによって得られる音響バランスによって、テクスチュアを明晰にしていることもすばらしい。

長いフレーズ感と壮麗かつ重厚な響きをもった、そして次第に形成されていった"伝統的"な解釈からの開放を試みた、アーノンクールならではのブルックナーだ。

この新しいブルックナー像を心より歓迎したい。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 02:02コメント(0)トラックバック(0)ブルックナー | アーノンクール 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ