2011年09月09日

ジュリーニ&ロス・フィルのベートーヴェン:交響曲第5番/シューマン:交響曲第3番「ライン」


この記事をお読みになる前に、人気ブログランキングへワンクリックお願いします。



ジュリーニの初の《運命》で、実演でもこの交響曲を指揮するのは15年ぶりだったという。

それだけに改めて作品を綿密に再検討した上で実現した演奏は、きわめて緻密に構成され、堂々たるスケールと風格をそなえている。

しかも、その表現は決して居丈高になることなく、あくまでしなやかでみずみずしい。

きわめてドイツ的な音色をもち、構築的にしっかりとした演奏である。

4曲あるシューマンの交響曲の中で、ジュリーニが録音したのはこの第3番のみ。

旋律を存分に歌わせた情緒的な表現というよりも、楽曲の構成的な美しさをあらわしているのが特色で、ティンパニやホルンなど、この曲の最も重要なパートを、力強くはっきりと浮き彫りにしている。

現在では原譜支持が圧倒的だが、フルトヴェングラーやセルなどの20世紀の巨匠たちは、スコアに手を入れることを主張し、これを実践した。

本盤のセールス・ポイントはマーラーが手を入れた版を使用している点。

無論、オーケストレーションの旨さでは群を抜くマーラーの版ゆえに響きはよく冒頭からして、そのどっしりとした響きにひきつけられるが、オーケストレーションに未熟さのあったシューマンの交響曲の欠陥を、見事にカバーした快演である。

ジュリーニの演奏美学と感性にもピタリとはまる。

叙情性豊かでスケールの大きい壮麗な第3番が出現している。

ところで、クラシック音楽情報ならこちらがオススメです。
人気ブログランキング



フルトヴェングラーのCDなら、 フルトヴェングラー鑑賞室



classicalmusic at 19:33コメント(0)トラックバック(0)ジュリーニ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メルマガ登録・解除
 

Profile

classicalmusic

早稲田大学文学部哲学科卒業。元早大フルトヴェングラー研究会幹事長。幹事長時代サークルを大学公認サークルに昇格させた。クラシック音楽CD保有数は数えきれないほど。いわゆる名曲名盤はほとんど所有。秘蔵ディスク、正規のCDから得られぬ一期一会的海賊盤なども多数保有。毎日造詣を深めることに腐心し、このブログを通じていかにクラシック音楽の真髄を多くの方々に広めてゆくかということに使命を感じて活動中。

Categories
Archives
Recent Comments
記事検索
  • ライブドアブログ